FC2ブログ

父の日シャブリ

父の日シャブリ


父の日が近づいていますね。
お父さんはお仕事で上司にも得意先にも気を使い。
最近は若手の教育にも苦慮している・・・。
そんな姿が頭に浮かぶ。
これは小声ですが奥さんにも頭が上がらない。
玄関を開けて妻を見た瞬間に白旗状態。
籠城戦は兵站を断たれ一度降参している。
籠城戦がだめなら野戦ならと起死回生。
これも鬼の形相にビビリ即降参。
負けるが勝ちと、部屋の隅で開き直り。
そんな、父にワインを贈って下さい。


☆ 2014 シャブリ
☆ 2013 シャブリ 1er Cruボーロワ
  ドメーヌ ド ラ コルナス
  おすすめ度:★★★★★

シャブリは日本で一番浸透した白。
ワイン雑誌でも頻繁に取り上げられる。
ワインに造詣が深いお寿司屋では定番であるし重宝する。
今更詳しく説明しなくてもその認知度は高い。

造り手のコルナス。
当店初の扱いです。
シャブリの雄、アラン・ジョフロワ。
同家の三姉妹が造る。
御目付役にシリル・ミニュット氏を起用。
アラン・ジョフロワで活躍するエノロゴとしてつとに有名。

シャブリは文句ナシの出来栄え。
優しい果実感と綺麗な酸で優等生。
そしてプルミエ・クリュ。
スラン川の左岸で興味深い。
エレガントでフィネス溢れる一品。

父の日のワイン選びをお手伝い致します。






ブルックナー対談。

ブルックナー対談。

Aさん:当店常連様ワインとクラシック音楽好き。
店主:若い頃ヴァイオリンを習い志した。


楽譜2

Aさん:クラシック音楽で充実していた時期は?
店主:やはり話題も充実度もロマン派です。
規模も大きく楽器も多彩となりました。
音楽様式も進化して聴き応えも十分にあります。
Aさん:その中でもおすすめは?
店主:ロマン派後期のブルックナーがいいです。
Aさん:交響曲ですか?
店主:そうです。未完も含め全部で9曲。
後期3部作は傑作です。
第7番 ホ長調はその曲調から聴きやすい。
Aさん:長大な作品ですよね。
店主:第4番の成功で気分高々の作曲。
それが第7番全体に表現されています。
第8番と比較すると歴然と違う。
Aさん:おすすめの演奏は?
店主:ティーレマン指揮、ミュンヘン・フィル。
Aさん:チェリビダッケが君臨したオケですね。
店主:そうです。
しかもブルックナーは重要なレパートリーでした。
ですから素晴らしい演奏をする。
そして、ティーレマンはドイツ人。
この頃、ドイツ出身で世界的な指揮者が目立たない。
そんな中、フルトヴェングラーと同じベルリン出身。
ティーレマンはその辺りの自負もある。
Aさん:それは楽しみです。












素晴らしきシャサーニュ モンラッシェ

素晴らしきシャサーニュ モンラッシェ

様々な国のワインを楽しむ。
それがワイン愛好家の一つの醍醐味。
ブルゴーニュ、ボルドー、ピエモンテ。
マールボロ、ナパ・ヴァレー等々。

広いワインの世界。
ある者はワイン造りに夢を・・・。
またある者はおいしいワインを販売する楽しみを。
またまた、ある者は飲む事に素晴らしさを。
そして、ある者はコレクターとして悦に浸る。
と、ワインの世界は深い。
まだまだ小生が語れる程に浅くはない世界なのだ。
と、わかっているが語らせてくれ!!

正統派にして王道。
そては、コート・ド・ボーヌの銘白ワイン達。
中でもシャサーニュとムルソーは比較的買いやすい。
といっても高額ワインである。

シャサーニュ

☆ 2013 シャサーニュ・モンラッシェVV
  ドメーヌ ボルジョ
  おすすめ度:★★★★☆

時代の移り変わりは早い。
しかもあっという間だ。
19世紀までは赤しか造られていなかった同村。
今では白ワインにその輝きは移る。
個人的には赤のシャサーニュは狙い目と思っている。

際立つ黄金色の外観。
アカシアや西洋サンザシ、ヘーゼルナッツ。
そしてアーモンドの香り。
スワリングで際立つ華やか香り。
もう、心も体も許しちゃう・・・。
果実はリッチで、これが素晴らしさの一つ。
ブルゴーニュに開眼させる動機でもある。
それでいて押し付けがましくない。
素晴らしいワインだと改めて痛感。
一飲みアレ!!




ブラームスを熱く語る!!

ブラームスを熱く語る!!

Aさん:当店常連様ワインとクラシック音楽好き。
店主:若い頃ヴァイオリンを習い志した。


ブラームス

Aさん:ブラームスの音楽いいですね。
店主:日本人には好かれると思います。
Aさん:何故でしょうかね。
店主:低音部からしっかり構築され美しい点。
そして北ドイツ出身らしい哀愁所謂ブラームス節。
何よりも聴き応え十分の力作揃い。
Aさん:なんだかわかる気がする。
店主:偉大な先輩を意識した力作。
Aさん:先輩とは?
店主:あの男です。
ルートヴィッヒ ヴァン ベートーヴェン。
この傑作揃いの交響曲を前に苦悶した。
交響曲第1番の完成までの時間はあまりに長い。
評論家の為に書いたと言われる程すみずみまで音符。
五線紙という水槽にオタマジャクシが沢山、しかも活力がある。
楽譜を見ているでけで涙が溢れる。
ヨハネスは苦悩したんだとね・・・。
Aさん:そこまで思うなんてよほどブラームスがお好きなんですね。
店主:三度の飯よりブラームスです。
Aさん:それは面白い言い方だ。
おすすめ音源はありますか?
店主:フルトヴェングラー指揮 ベルリン・フィル。
1953年5月18日のライブ録音。
これは素晴らしい演奏です。
フルトヴェングラーの晩年らしい富んだ解釈。
一聴きアレ!!








ワイン雑談。

ワイン雑談。

Bさん:当店常連で華麗なワイン歴をお持ち。
店主:いつも謙虚な当店店主:愛称:ピノさん。

セカンド


Bさん:最近のワイン諸事情は?
店主:ボルドーワインの人気復活です。
Bさん:そうですね、昔はボルドーワインを崇めていましたが、
いつしかボルドーワインから離れてしまった。
店主:ですが、サンテステフ物を飲んで頂きました。
Bさん:そうです、2010 コス・デストゥルネルです。
店主:第2級筆頭。コスはCSの比率が高い。
そして2010年はCSが素晴らしい。
堅牢なサンテステフも時代と共にニュアンスを変えた。
そんな一例からも進化したボルドーが垣間見れる
Bさん:そうです。ですからまた再び私的開花した。
店主:面白い表現ですね。
でも事実そんなお客様が増えています。
Bさん:ですが、コスは高額帯。
セカンドで何かありますか?
店主:シャトー ベルグラーヴはどうですか?

★ 2010 ディアーヌ ド ベルグラーヴ
  当店販売価格4489(税込)
  おすすめ度:★★★★☆

第5級であるベルグラーブのセカンドです。
セカンドらしく飲み頃を向かえています。
懐かしさとモダンを兼ね備えた秀品。
Aさん:一飲みアレですね。
店主:そう私の口癖「一飲みアレ」です。
Aさん:これからまたボルドー熱が加速しそうです。
店主:いいじゃありませんか、それで・・・。







大きな声でミュスカデ飲みたいって言ってご覧。

大きな声でミュスカデ飲みたいって言ってご覧。

初夏はロワールワイン。
飲みたいよね。
えっ声が小さい、大きな声で!!
そうそう、その感じその感じ。
そのご期待に応えて早速早速ご手配ご手配。
おいしいミュスカデが入荷して参りました。


ミュスカデ

☆気軽なミュスカデ
2013 ミュスカデ セーヴル エ メーヌ シュール・リー
ドメーヌ ヴィネ
季節感:★★★★★

文句なしの造り手。
そして文句なしの味わい。
ほんでもって文句なしの価格。
ですから人気は絶大。
瞬殺間違いナシの【一押し】ミュスカデ!!

伝統的なシュール・リー。
ですから旨みエキスたっぷり。
白いお花や火打ち石に柑橘系の香り。
繊細で活力がある、酸味も綺麗で清涼感有り。
しかも中域にはコクもあり深い味わい。
これは絶対に季節物でしょ。

大声で言ってご覧。
「ミュスカデが飲みたい」ってね。

お・わ・り・・・。







週末、休日は白がいいよ。のんびりしなさいよ。

週末、休日は白がいいよ。のんびりしなさいよ。

スペインワインが面白い。
フランコ時代に低迷していたワイン産業。
この暗愚な時代から抜け飛躍。
北西のカタルーニャ。
チェリストのパブロ・カザルスが有名。
そして北部のナバーラ。
更にマドリッドの南カステーリャ ラ マンチャ。
そして東のバレンシアなど多彩な産地。

ペーニャ


今回はバレンシアの白。

☆ 2014 ラ ペーニャ ブランコ
  ヴィヴェロス カンブラ

スペイン第3の都市バレンシア。
赤はモナストレル主体。
白は土着品種のメルセゲラなど。
ペーニャ ブランコはあえて国際品種主体。
強烈なスペインは感じない。
巧みな戦略で世界にマーケットを持つ。
家庭でもパーティーでも活躍できる。
勿論、当店ではそう願っている。
お願い度:★★★★☆









当店厳選:ボルドー・セット

当店厳選:ボルドー・セット

巨星輝くボルドーワイン。
ジロンド河右左岸見事なワインが輝く。

今回は左岸で格付ワイン。
第2級のファースト、セカンド。
しかもシャトー モンローズ。
私個人でも愛しているボルドーの1本。

モンローズ


★ 2012 ラ ダム ド モンローズ
★ 2007 シャトー モンローズ
  フランス ボルドー サンテステフ

これは素晴らしい。
セカンドも存在感があり中々・・・。
ファーストはタンニンの荒々しさが鳴りを潜めた。
ニーズに合う飲みやすさを提供。
でいながらサンテステフらしい厳格さも保つ。
この辺がミステリアスな1本である。

最後におすすめ度:★★★★★





5%還元!!
還元
VISA,Mastercard対応
2019年10月~2020年6月
   【店舗ご紹介】

ピノ ノワール店主

Author:ピノ ノワール店主
静岡県藤枝市
ワイン専門店ピノ ノワール店主。
(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエ。
ワインとクラシック音楽に生涯をかけています。
近隣の焼津市、島田市、静岡市、浜松市や相良、御前崎からもご来店。
バッハからストラヴィンスキーまで幅広くクラシック音楽を溺愛。
自らもヴァイオリンを弾き人生に華を添えています。
そんな超個性豊かな店主ですが宜しくお願い致します。
銘器ヴィヨームと私
私がベートーヴェンのスプリング・ソナタを弾いている写真。(1991年)
1850年製の銘器 ニコラ・ヴィヨーム。
当店のHPは以下をクリックhttp://www.p-noir.com/

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
嬉しいお知らせ

  還元
VISA,Mastercard対応
2019年10月~2020年6月
この機会にワインを楽しむ。
週末、休日にワインのある生活。
記念日に、友人に恋人に!!
詳細は【クリック】
贈答用ワイン承ります。
ワインの種類は縦横無尽。
ですから、たくさんのワインから選べる楽しさがある。 知識、経験豊かな(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエが責任を持っておすすめワインをセレクト。
ソムリエ協会
【歴史】
創業明治37年
酒造業から酒類問屋を経て新たにワイン専門店としてがんばっております。
【クリック】
ブログ富士勢い
【会社情報】
ワイン専門店ピノ ノワール
(株)杉井隆治商店
創業明治37年
会社設立43年
平日:11:00~20:00
祝日:11:00~19:30
定休日:水曜
   :第二火曜日
【便利】
各種カード対応。
ポイントを貯める。
高額ワインは数回に分けての支払いもできます。
カード
【地図】クリック!!
藤枝市城南2-8-8
地図
【必須アイテム】The Durand
古酒に便利。
一家にお一つ!!
あける
【お知らせ】
★ 好評発売中
この季節はシャンパーニュ!!
贈答用としても最適。
コラン
洗練されたブランド ブラン
¥8,980(税込)
2017年1月28日
【営業日】
2020年1月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
は定休日です。
水曜日は定休日
第4週の火曜日
検索フォーム
QRコード
QR