FC2ブログ

シューベルト 冬の旅と銘醸古酒の調べ

シューベルト 冬の旅と銘醸古酒の調べ

ワインのある生活だからこそクラシック音楽をご紹介。

冬の旅

贅沢にも四季を楽しめる日本。
季節季節に合うワイン、料理、音楽をじっくりと味わう。
それらにより、五感で季節を感じる。

本格化した寒さに銘醸古酒は一段と深みを与える。
深々とした寒さにシューベルトのリートが恋しくなる。
しかも久しぶりにレコードで・・・。
声楽はやはり針を通しての温もりが一番なんだな。


☆フランツ・ペーター・シューベルト享年31歳。
ロマン派を代表する大作曲家。
ですがその人生があまりにも短いのが残念である。
しかし、後世の私達に名曲を数多く残してくれている。
私が愛する冬の旅。
ミュラーの詩を元にシューベルトが手を加え作曲。
優れた歌曲はすぐれた詩によって生まれる正に模範例。
冬の旅の特徴としてピアノが詩の風景を見事に描写。
ロマン的気持ちが写実的な動画のように描かれている。

ワインを飲みながら冬の旅を鑑賞する。


☆ おすすめレコード


  ハンス・ホッター(バリトン)
  ジェラルド・ムーア(ピアノ)

☆ 合わせたいワイン

  2003 サグランティーノ ディ モンテファルコ
  アルナルド カプライ

今一人気が上がらないサグランティーノ。
強固なタンニンは10年以上の熟成を経てよやく和らぐ。
ですから、ここにポイントがある。
暴れん坊の品種を上手に手懐ける生産者のカプライ。
品種を熟知し目指す先に理想の味わいがある。
そんなワインに私は最大限の敬意を払う。


深い香り灌木の複雑な香りにたばこの葉。
スピリッツ漬けにした果実などの香り。
サグランティーノの懐の深い味わい。
熟成を経てビロードのような感触。
とても優美でドイツ リートに共鳴する。

シューベルトは気さくで人柄が円満。
大のワイン好きというかアルコール好き・・・。
私は彼とお会いした事はありません。
ですから、ちょっとしたうわさですけどね。
シューベルトさん節度を持って楽しみましょうね。











ベートーヴェンのフィデリオとシャルドネ

ベートーヴェンのフィデリオとシャルドネ

ワインのある生活だからこそクラシック音楽をご紹介。

ゴット

2015年ザルツブルク音楽祭。
8月4日、ベートーヴェンのフィデリオ。
これは偉大なベートーヴェン唯一のオペラ。
指揮はフランツ・ウェルザー・メスト。
ウィーン・フィル。
オーストリアを代表する指揮者メスト。
インテリ家系出身で見るからに知性の塊。

2014年ザルツブルク音楽祭では、ばらの騎士。
言わずと知れたR・シュトラウスのオペラ。
なかなかいい演奏でした。
メストの演奏は数々聴いた。
ブラームスの小品から大曲まで・・・・。
しかし決して面白い演奏ではない。
がっかりする内容が多い・・・・。
今回のフィデリオも安全運転であった。
ですが、このオペラは素晴らしい。
オペラ史上の大救出劇に思う。
時代を考慮したら絶対王政への批判なのか!!

と、やはりおいしいワインがいい。

★ 2013 アンオークト シャルドネ
  ジョエル・ゴット
  アメリカ カリフォルニア

これはメストと違い興味深い。
モントレー、ソノマ、ナパの優良シャルドネを使用。
ぶどうの品質に絶対の自信をお持ちとお見受け。
ですから樽を使用せずに勝負。
勿論、勝負はジョエル・ゴット様に軍配。
シャルドネ自体はニュートラルな品種と言われる。
まさに体現出来る素直な味わい。
朝のご来光・・・。
高原の草花の香り・・・。
雨後の綺麗な晴れ・・・。
そんな気分にさせてくれるシャルドネ。

レオノーレの尽力が報われフロレスタンが解放される。
そんな気分とは絶妙なマリーアジュだ。







ベートーヴェン唯一のオペラと旨ワイン

ベートーヴェン唯一のオペラと旨ワイン

クライン

やはりオペラはイタリアが傑作珠玉粒揃い。
しかし私はドイツ物も大好物だ。
中でもベートーヴェンの傑作にして唯一の作品。
フィデリオは頻繁に鑑賞する。

親日家であるドナルド・キーン氏。
彼は印象に残るオペラをフィデリオとした。
ワルター指揮、キルステン・フラグスタート。
1941年2月メトロポリタン歌劇場だという。

当時、対戦国ドイツのベートーヴェンを演奏。
ベートーヴェンは垣根を越えた偉大な音楽家を証明された事になる。
またワルターはユダヤ人である。
ドイツで強烈な迫害を受けアメリカへ渡る。
ですからワルターも素晴らしい人物である。

ワルターにフラグスタートだろ。
あ~聴きたい。聴きたい!!
フラグスタートと言えば・・・。
ワーグナーの楽劇トリスタンとイゾルデ。
フルトヴェングラー指揮の名演。
高音の幾つかをシュヴァルツコップが歌う。
ウォルター・レッグがプロデュースだから成せる荒業。
美人なシュヴァルツコップはレッグの奥様だからだ。

フィデリオを鑑賞しながら新作凄旨感激ワイン。

★ 2012 ファームハウス レッド
  クライン

新世界アメリカらしい柔軟なセパージュ。
何々、シラー主体にバルベラやらジンファンデル。
そしてピノ ノワール!!
エイッとサンソー、ムールヴェドル他と多彩。
面白い・・・。
しかも、笑顔なおいしさ。
セパージュは混戦ながら仕上がりはキッチリ。
旨みたっぷりの液体。
理想の味があり、それを素直に表現。
ですから好感が持てるしおいしい。
ワインの楽しさの一つはまさにこれだ!!
SB主体にヴィオニエやらパロミノ他の白。
これもおすすめだ!!








トゥーランドットと極上ワイン

トゥーランドットと極上ワイン

イタリアワイン 藤枝

明けましておめでとうございます。
皆様、有意義なお休みでしたか?
私はワインとオペラを楽しみました。
1年間溜めておいたオペラのDVDやCD。
私の研究材料・・・。
いやいやお宝がザックザック・・・。
ですがたくさんは聴けなかった。
やはりオペラ鑑賞はタフでなければの、体力勝負。
若い頃はウェーバーの魔弾の射手ぐらいなら平気で鑑賞できた。
しかし天才ワーグナーの能書きは数回の息継ぎが必須。
だが、あの魔力は凄い・・・。
あっ話が脱線しているので本線へ!!
人生でも仕事でも進む道は険しくまた道しるべはない。
ですから少しずつ軌道修正しながら前進するのである。
ピノさん、たまにはいい発言をすると、自画大絶賛!!
う~ん、それにしても・・・ね。
ピノさん立派な発言をすると、しつこく自画超絶賛中!!

★私が一度は訪れたい音楽祭。
それがオーストラリアのブレゲンツ音楽祭だ。
美しいボーデン湖の湖上で開催されるオペラは格別。
勿論、湖面も大切な舞台の一部。

2015年はトゥーランドットでした。
勿論、イタリアの作曲家プッチーニ作である。
ヴェルディと並びイタリアを代表する作曲家。

トゥーランドットは彼最後の作品。
初演はトスカニーニ指揮。
トスカニーニはイタリアきっての指揮者。
ヴェルディにも信任されていた。
プッチーニのラ ボエームも初演している。
私は独裁色の強いトスカニーニに嫌悪感がある。
そんなトスカニーニにも流儀がある。
それはリューの死の場面でプッチーニの死去。
ですから、その場面で指揮棒を置き経緯を説明した。

過激な内容ですから常に影がある作品。
ブレゲンツ音楽祭では奇抜な演出であった。
男女の行為の模写もあり必要かと首を傾げた。
やはり、第1、2幕を辛抱強く耐える。
そして第3幕冒頭の「誰も寝てはならぬ」で涙。
あっ これがトゥーランドットの私のスタイル。

やはりプッチーニはトスカーナワインがいい。
彼はトスカーナのルッカで生まれだからだ。

★ 14 モレッリーノ ディ スカンサーノ
  ポッジョ アルジェンティラ

トゥア・リータが手掛ける。
同ワインは名前の由来通り通常は濃厚。
ですが非常にエレガント。
小さなベリー系の包込む香り。
理想的な味わい。
繊細なタンニンに調和に満ちた液体。
濃厚さよりも上品さを全面に感じます。

オペラの幕毎にワインを選択。
それもいい・・・。
しかし好きなワインで通すのも私流。








5%還元!!
還元
VISA,Mastercard対応
2019年10月~2020年6月
   【店舗ご紹介】

ピノ ノワール店主

Author:ピノ ノワール店主
静岡県藤枝市
ワイン専門店ピノ ノワール店主。
(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエ。
ワインとクラシック音楽に生涯をかけています。
近隣の焼津市、島田市、静岡市、浜松市や相良、御前崎からもご来店。
バッハからストラヴィンスキーまで幅広くクラシック音楽を溺愛。
自らもヴァイオリンを弾き人生に華を添えています。
そんな超個性豊かな店主ですが宜しくお願い致します。
銘器ヴィヨームと私
私がベートーヴェンのスプリング・ソナタを弾いている写真。(1991年)
1850年製の銘器 ニコラ・ヴィヨーム。
当店のHPは以下をクリックhttp://www.p-noir.com/

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
嬉しいお知らせ

  還元
VISA,Mastercard対応
2019年10月~2020年6月
この機会にワインを楽しむ。
週末、休日にワインのある生活。
記念日に、友人に恋人に!!
詳細は【クリック】
贈答用ワイン承ります。
ワインの種類は縦横無尽。
ですから、たくさんのワインから選べる楽しさがある。 知識、経験豊かな(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエが責任を持っておすすめワインをセレクト。
ソムリエ協会
【歴史】
創業明治37年
酒造業から酒類問屋を経て新たにワイン専門店としてがんばっております。
【クリック】
ブログ富士勢い
【会社情報】
ワイン専門店ピノ ノワール
(株)杉井隆治商店
創業明治37年
会社設立43年
平日:11:00~20:00
祝日:11:00~19:30
定休日:水曜
   :第二火曜日
【便利】
各種カード対応。
ポイントを貯める。
高額ワインは数回に分けての支払いもできます。
カード
【地図】クリック!!
藤枝市城南2-8-8
地図
【必須アイテム】The Durand
古酒に便利。
一家にお一つ!!
あける
【お知らせ】
★ 好評発売中
この季節はシャンパーニュ!!
贈答用としても最適。
コラン
洗練されたブランド ブラン
¥8,980(税込)
2017年1月28日
【営業日】
2020年1月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
は定休日です。
水曜日は定休日
第4週の火曜日
検索フォーム
QRコード
QR