ワイン専門店ピノ ノワールからおすすめの第9

ワイン専門店ピノ ノワールからおすすめの第9


ベートーヴェン最後のシンフォニー。
それが第9番。
交響曲史上最高峰に君臨する。
当時の常識を覆し新たな境地を開拓。
難聴を抱えながらも世界の理想へ願を込めた。
そして大曲ミサ・ソレムニスの理念をも併せ持つ。

シンフォニストの私は音源を様々所有。
その中からおすすめ音源をご紹介。

フルトヴェングラー

ドイツを代表する指揮者フルトヴェングラー。
彼の伝説的名演が所謂バイロイト盤。
1951年7月29日のライブ録音だ。
この演奏は、はっきりと神掛かっている。
特に第1楽章は生々しくベートーヴェンが迫る。
実は第9は第1楽章が素晴らしい。
第2楽章は、第7番のように激しい。
が、ベートーヴェンにしてはある意味凡庸。
これがフルトヴェングラーの手に掛かると一変する。
有機的で躍動的な素晴らしいスケルツォになるのである。
第3楽章は、ベートーヴェンらしい美しい楽章。
気難しいのが彼ではない、美しさは随一です。
フルトヴェングラーのアダージョを聴くともう他を聴けない。
終楽章は、これが最高傑作の所以であろう。
お互いが問い掛けながら進行する。
330小節の長大なフェルマータの願いは永遠だ。
シュワルツコップをはじめ当時一流の歌手陣。
それらを巧みにリードしコーダを向かえる。
コーダはフルトヴェングラーの熱気が最高潮に届く。
もはや感動などという言葉は安すぎる程に貴重な体験となる。

フルトヴェングラー2

このライブのバイエルン放送音源。
ですが演奏は違う。
どちらかがゲネプロでどちらかが本番。
ウォルター・レッグ亡き後、真相は迷宮入りだ。
私は前者に慣れ親しんでいる。
また前者が本番由来の緊張感があるのは確かである。

大戦中の第9

そして1942年4月19日のライブ録音。
問題の録音・・・。
ヒトラー誕生日の前夜演奏。
宣伝大臣ゲッペルスも聴衆として参加。
演奏後フルトヴェングラーとの握手が戦後問題視。
フルトヴェングラー自身はユダヤ人音楽家を救い。
本人の政治的意図はなくても大いに利用された。

1952年の第9

バイロイトの伝説的名演。
それに次ぐフルとヴェングラーの第9。
歌手陣を変えてウィーン・フィル。
ベルリン・フィルと並び彼が愛したのがウィーン・フィル。
同フィルの甘美な音色を第3楽章は堪能出来る。
1952年3月2日 ライブ録音

晩年の第9

フルトヴェングラー最晩年の第9。
1954年8月9日、バイロイト祝祭劇場。
音質は劣化が激しい。
しかし、晩年の演奏が聴けて貴重。

アバドの第9

クラウディオ・アバド。
惜しくも2014年他界。
クラシック音楽界に功績を遺した人物。
深みが足りない演奏ですが逆に聴きやすい。
アバドの大のお気に入りのスウェーデン放送合唱団を起用。
第9初心者にはおすすめの音源です。

クレンペラーの第9

一味違う名演・・・。
哲学的な第9・・・。
どんな作品も哲学を帯びるクレンペラー。
マーラーにも才能を認められた。
個性の塊で常人の理解の遥か上を行く。
スケールの大きな演奏でまるで宇宙的。
バーンスタインの第9

音質も演奏も素晴らしい。
アメリカ的に捉えられるバーンスタイン。
しかし意外と伝統を踏襲したスタイルです。
ベルリンの壁崩壊に際しても第9を演奏。
実に考え抜かれた演奏。
第9に触れたいそんな方におすすめ、音質も解釈も良好。
おすす度:★★★★★

第9

スコアはベートーヴェンの忠実な気持ちである。
困ったらスコアを見て考えろ!!

人類史上の傑作を時間のある時に是非鑑賞を・・・。
演奏時間は長いが故に充実した気持ちにさせてくれる。

 2015年12月28日








スポンサーサイト

甘口ちゃん甘口君、甘口様。

甘口ちゃん甘口君、甘口様。

寒い時期。
心に暖・・・。
口中にほんのり甘味。

スタンプ

ザ・スタンプジャンプ・スティッキー・ホワイト

ボトリティスラーには満足。
あっ、貴腐菌を愛する人々の事です・・・。
熟れたアプリコット、糖蜜、ココナッツ。
甘味を伴う質感も楽しめます。

そして昔から馴染のロゼ ダンジュー。
何だかヒーローの名前みたいだ。
ですから、もう一度!!

ロゼ

ロゼ・ダンジュー

グロロー主体のほんのり甘口。
加減を心得ている甘味。
ですから日本では根強い人気があるのかも。
その点は当店もお勉強になります。
加減を心得たワイン専門店。
何も熱意だけで勝負・・・。
ではなく加減、加減!!

そして、ランブルスコ。
もう説明不要の人気。
あっランブルスコを愛する人々を・・・。
そうです。
そうです。ランブルスコラーと勝手に命名。
クリーミーで気持ちのいい甘さのドルチェ。
そして近年、辛口タイプが人気。
ですからセッコもあります。

ランブルスコ

ボトリティスラーも!!
ランブルスコラーも!!
お待ちしております。











クラシック音楽散策

クラシック音楽散策

当店店主は芸術に造詣が深い。と自画自賛。
ワインを愛する者として芸術的見識は必須であろう。

楽譜2

私が常に鑑賞する偉大な作曲家。
それが、ドミトリー・ショスタコーヴィチ。
旧ソ連の苦難に満ちた音楽家。
抑圧される人民の叫び・・・。
そして断行される恐怖政治の脅威・・・。
当局の目を巧にかわしそれらを表現。
時に断罪されるも不死鳥の如く復活した。
彼の死後、出版されたショスタコーヴィチの証言は鮮烈だった。

今回はヴァイオリン協奏曲第1番。
才能溢れる五嶋みどり。
弟に龍さんがいる。
姉は天才肌で本番に強いヴァイオリニスト。
弟は文武両道で知能と武芸に長けた人物。

波乱に満ちた内容。
ロマン派時代のヴァイオリン協奏曲とはまるで違う。
特に第2楽章、スケルツォは素晴らしかった。
五嶋みどりも内に入り込み良かった。

そして、バルトークの管弦楽のための協奏曲。
ハンガリーの偉大な作曲家、バルトーク。
彼のヴァイオリン協奏曲第2番は超傑作。
難曲なれど一聴きアレ!!

そして晩年の傑作が管弦楽のための協奏曲。
白血病で資金難に陥っていたバルトーク。
その資金援助の為にクーセヴィツキーが依頼した。
病気の為に仕事欲を削がれるのは凡人。
難病を患いながらの意欲作。
対の遊びと悲歌との対比に感じる事多大。
終曲は一安心する楽章である。

トゥール/アディトゥス
ショスタコーヴィチ/ヴァイオリン協奏曲 第1番 イ短調 作品77
バルトーク/管弦楽のための協奏曲
パーヴォ・ヤルヴィ 指揮
NHK交響楽団
五嶋みどり ヴァイオリン
2015年10月23日 ライブ録音











いつでも贈答歓迎!!

いつでも贈答歓迎!!

当店から季節を考慮した贈答ワインを・・・。

porutogaru.jpg

贈答にワイン。
しかもポルトガルがおすすめ。
まだ輸入量も少なく知名度は低い。
しかしだ。コスパの高いワイン達なのだ。

★ 2012 キンタ ド エスピーニョ コリェイタ
  2010 キンタ ド エスピーニョ レゼルヴァ
  
ポルトガルワインの銘醸地ドウロ。
18世紀から続くワイナリー。
それがキンタ ド エスピーニョだ。
ドウロ川沿いで日照時間も長く高品質のブドウとなる。

入門編としてはコリェイタがおすすめ。
果実の輪郭がはっきりしておりとてもジューシー。
土着品種であるトウリガ ブランカ主体。
何もCSやMを使用しなくても十分に世界で通用する。
そんな意味で一石を投じるワインです。

そしてリゼルヴァ。
味わい深い。
複雑でストラクチャーがしっかりとしている。
やはり飲み応えと言う点ではこれは秀品です。

そして贈答の定番であるボルドー。
故に選択もより厳しくなる。

ボルドー

★ 2012 シャトー ラ グランジェ ドルレアン
  2006  シャトー・ラ・トゥール・ド・ベルナドン

左)各コンクールでの受賞歴が光る。
ピカっと親父の頭ではない・・・。
ワインの内容である。
クラシカル系であるがそこは現在のワイン。
アタックから余韻でもバランスで一貫したバランス感覚は特質物。
そして右)来年、10年古酒となるBordeaux Superieur。
Superieurランクの古酒はさすがにいい。
価格も手頃で味は各段にいい。

年始に家族と楽しんでは如何かな・・・。



お知らせ!!

お知らせ!!

先日、当店前の某高校からボールが・・・。
あっ店にドスン。
何年も前から危険だと指摘しているのに。
道路の中央線に転がったこともあったよ。
隣家のカーポートも2度破損した。
でもへっちゃらなのさ。
我国は組織に関して責任が不明確だからね。
へっちゃらなのさ・・・。事が起きてからさ。

車に・・・。
子供に・・・。
老人に・・・。
危険なのにね!!

事故になったら手遅れなのにね。
通行人に当たらないことを心から祈ります。

またまた本日もまたボールが飛来・・・。

当店のお客様、気を付けて下さいね。

「良くも悪くも馬事東風だから困るよ。」
あっ これは一人言だけど・・・。






ブラームスの歴史的名演はこれだ!!

ブラームスの歴史的名演はこれだ!!

フルトヴェングラー

ワイン専門店ピノ ノワール店主は、ドイツの音楽が大好物。
ベートーヴェン、ブラームスは三度の飯より好きだ。

何と言っても真冬にはブラームスの調べが気持ちを解す。
難産の末に結実した交響曲第1番。
時代はロマン派なれど伝統を重視した力作。
偉大な先輩ベートーヴェンを越えねばと・・・。
感謝しなければならないシューマンの期待・・・。
それらが重なり20年以上の歳月を費やす。

クラシック音楽史上の名作故に様々な音源が存在する。
私はフルトヴェングラー指揮が最良だと確信している。

近衛秀麿先生のフルトヴェングラー論付CD。
日本の名家、近衛家出身で兄はあの文麿氏だ。
ブラームスの交1番は1952年2月8日のライブ録音。
音質は時代を考慮して許容範囲。
若い人でしたら聴きずらいのかもしれません。
本当にフルトヴェングラーのブラームスはいい。
全く飽きさせないアプローチで魂の響きだ。

こんな逸話がある。
N響の音楽監督に就任したパーヴォ・ヤルヴィ。
彼がバーンスタインから学んでいた時。
ブラームスの演奏が流れた。
ヤルヴィは指揮者の名を当てるのを外した。
しかしバーンスタインはフルトヴェングラーと答えた。
無論、答えはフルトヴェングラー。
曰く戦争の音がする、と・・・。
やはり時代背景がありそれが伝わっているのだ。

考えさせられる名演である!!
年末年始に大作を鑑賞して下さい。心が充実するゾ!!










パーヴォ・ヤルヴィとオレ・ピノ

パーヴォ・ヤルヴィとオレ・ピノ

当店ではワインのある生活だからこそクラシック音楽をご紹介。

さあパーヴォ・ヤルヴィのN響での始動。
お手前を拝見といきましょう。
リヒャルト・シュトラウスの交響詩。
リストが確立しシュトラウスが成熟させた。
もし教育の一環でクラシック音楽を子供に聴かせたい。
それでしたらシュトラウスの交響詩はお勧め。
しかしオペラ「サロメ」は成人してからにしてね。
内容は超過激だから聴くには配慮が必須!!
やはり芸術は綺麗だけではない事がわかる。
自然と芸術は時に厳しいのである。

☆ ドン・キホーテ
☆ ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら
☆ ばらの騎士組曲

  パーヴォ・ヤルヴィ 指揮
  トルルス・モルク チェロ
  佐々木亮 ヴィオラ
  NHK交響楽団 2015年10月15日 録音
  

パーヴォと言えばロシア音楽やフランス音楽が得意。
しかしドイツ後期ロマン派のシュトラウスもいい。

ティルとツァラトゥストラそしてドン・キホーテ。
これらは1年置きに作曲された。
とても実りある作品が連なる。
ドン・キホーテはセルバンテスの作品からである。
ドン・キホーテをチェロ、サンチョ・パンサをヴィオラ。
彼らの冒険に続き死までを表現。

やはりワインはピノ ノワールで・・・。
普段とは違うピノでドン・キホーテの世界を楽しみたい。

ヨハン・ヴィンヤーーズ

★ 2014 ピノ ノワール
  ヨハン・ヴィンヤーーズ
  米国 オレゴン ウィラメット・ヴァレー


ノルウェー人のダグ・ヨハン・サンドビーが手掛ける。
2005年創業と歴史は浅く生産量も極少量。

果実味が華やかに広がる。
この香りの広がりは特徴に思う。
ピュアさとスパイス感もありまた楽しい。
野生味があるというより果実の純粋さを感じる。
また新たなオレ・ピノの誕生である。


贈答

2015年12月15日










マーラーの芸術的極み復活とシャサーニュ

マーラーの芸術的極み復活とシャサーニュ

当店店主は芸術を溺愛。
ワイン愛好家であるならばクラシック音楽や絵画、歴史などあらゆる事に精通したい。
そんな私からの究極のマリアージュをご紹介。

シャサーニュ

マーラーが苦悩の末、完成させた。それが交響曲第2番。
完成までに7年の歳月を費やした。
何故か、やはりあの男の存在が大きい。
巨人ベートーヴェンだ。
最終楽章に合唱を伴うなど類似点も見れる。
声楽を伴う作品はマーラーは絶品。
これは、どんな偉大な作曲家も及ばない。
世紀末らしい響きを讃えた傑作。
支離滅裂で複雑、整理整頓されていない作品。
最初は聴き手も苦労するがこれがマーラーの意図である。

第1楽章の激しい怒りや悲しみ。
終楽章の最後の審判。
死があるから復活があると・・・。
思わず涙してしまった。

交響曲第2番ハ短調「復活」

管弦楽:NHK交響楽団
エリン・ウォール ソプラノ
リリ・パーシキヴィ アルト
東京音楽大学 合唱
パーヴォ・ヤルヴィ 指揮
2015年10月3日 NHKホール録音

劇的な響きにブルゴーニュ。

シャサーニュの赤・・・。
えっブランじゃないのって・・・。
ルージュも結構いけるのだ。
しかも私が信頼するマルトロワである。

07 シャサーニュ モンラッシェ
   クロ デュ シャトー ド ラ マルトロワ

う~んフィネス溢れる。
とても魅力的で見せ方を理解してるね。
07らしい濃厚さではなく鉱物的ミネラルが支配。
伸びがあり持続性があり素晴らしい。
マーラーの独自の響きにはいい。
こらならシャサーニュのルージュも人気になる。

それにしてもベートーヴェンの第9とは違う感動に包まれる。
感動がじわっと溢れるんだな!!






シベリウスとピノ ノワール

シベリウスとピノ ノワール

当店ではワインのある生活だからクラシック音楽をご紹介。

北欧の天才作曲家シベリウスの生誕150年。
私が大好きな作曲家でもある。

交響誌フィンランディアと交響曲第2番は人気。
断トツに人気ですから頻繁にコンサートで取り上げられる。
私もこの作品は溺愛している。
人気の秘密はシベリウス節を堪能できる事。
フィンランドの小国としての立場や愛国心。
そして美しい自然と厳しい環境。
それらが、鏡のように描写をされている。

交響詩「フィンランディア」作品26
交響曲 第2番 ニ長調 作品43
ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 作品47

フィンランド放送交響楽団
諏訪内 晶子 ヴァイオリン
ハンヌ・リントゥ 指揮
2015年11月4日 サントリーホール 録音

諏訪内さんはチャイコフスキー国際コンクールの記憶がある。
チャイコフスキーのコンチェルトとパガニーニの協奏曲第1番。
とても新鮮な息吹を感じました。
以後、コンサートで数回聴いています。
技術先行で冷たく感じていましたが今回は違った。
やはり年齢を重ね深みがでたのかと思う。

皆様、シベリウスのヴァイオリン協奏曲は傑作ですよ。
一度は鑑賞して下さい。

やはりシベリウスにはピノがいい。

ハーンで有名なニッキー・ハーンのブランド。
それがルシエンヌ ヴィンヤーズ。
カリフォルニアのピノ ノワールを知らしめた一人。
彼がAVAに認定させたのがサンタ・ルシア・ハイランズ。
SLHと言えばルシエンヌである。

ルシエンテ

★ 2011 ピノ ノワール ローン オーク ヴィンヤード
  サンタ ルシア ハイランズ

私が称賛するSLHのピノ ノワール。
豊かな果実味は新世界のピノらしい。
伸びやかな酸があり一貫してドライ。
余韻では石のようなミネラル感。
進化を感じる仕上がりです。

やはりシベリウスにはピノがいい。












ワイン専門店ピノ ノワール

ワイン専門店ピノ ノワール


藤枝のワイン専門店です。

くまさんも・・・。
へび様も・・・・・。
冬眠の準備をする。
世界中の小さなお店も大きなお店も年末に向けて・・・。
ショーウインドウを綺麗に飾りそれは華やかだ。
当店もワインの種類を一層拡充させております。

今年は9日(水)はお休みでそれ以降は無休となります。


そうだ。彼が運転するチャリンコ。
彼は時速10Mと超遅い。
だけど、そんなの気にしてないよ。
しかも向かえ風だと、全く前に進めないよ。
だけど、彼はめげないよ。そんな性分だよ。
それが彼のお仕事だから、責任感だってあるんだよ。
ニックネームを知りたい!!
彼は、ニードルと呼ばれているよ。
ニードル ガーみたいにスリムだからだよ。
あっ ニードルのチャリの荷台のワイン。
これ、おいしいよ。
もち、ボルドー君だ。
ニードルはいい奴だからさ、おいしいワインしか運ばない。
それが一番の誇りだよ。

★ 2007 シャトー ベル・エール

飲み頃。
メルローは熟成をさせその真骨頂がわかる。
意外にそれを体験したことがない人も多い。
価格も1000円代(税込)だからね。
これは買いでしょ!!







死ぬまでに飲みたい1本
サンドロ
これは飲むべき。
イタリアを制覇しろ!!
   【店舗ご紹介】

ピノ ノワール店主

Author:ピノ ノワール店主
静岡県藤枝市
ワイン専門店ピノ ノワール店主。
(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエ。
ワインとクラシック音楽に生涯をかけています。
近隣の焼津市、島田市、静岡市、浜松市や相良、御前崎からもご来店。
バッハからストラヴィンスキーまで幅広くクラシック音楽を溺愛。
自らもヴァイオリンを弾き人生に華を添えています。
そんな超個性豊かな店主ですが宜しくお願い致します。
銘器ヴィヨームと私
私がベートーヴェンのスプリング・ソナタを弾いている写真。(1991年)
1850年製の銘器 ニコラ・ヴィヨーム。
当店のHPは以下をクリックhttp://www.p-noir.com/

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
今月の1枚

  ブラームス
フルトヴェングラーの名演(LP)
1948年10月24日 ライブ録音
私の心の師ブラームス作曲
交響曲第4番 ホ短調
一聴きあれ!!
詳細は【クリック】
贈答用ワイン承ります。
ワインの種類は縦横無尽。
ですから、たくさんのワインから選べる楽しさがある。 知識、経験豊かな(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエが責任を持っておすすめワインをセレクト。
ソムリエ協会
【歴史】
創業明治37年
酒造業から酒類問屋を経て新たにワイン専門店としてがんばっております。
【クリック】
ブログ富士勢い
【会社情報】
ワイン専門店ピノ ノワール
(株)杉井隆治商店
創業明治37年
会社設立43年
平日:10:30~20:15
祝日:10:30~19:30
定休日:水曜
【便利】
各種カード対応。
ポイントを貯める。
高額ワインは数回に分けての支払いもできます。
カード
【地図】クリック!!
藤枝市城南2-8-8
地図
【必須アイテム】The Durand
古酒に便利。
一家にお一つ!!
あける
【お知らせ】
★ 好評発売中
この季節はシャンパーニュ!!
贈答用としても最適。
コラン
洗練されたブランド ブラン
¥8,980(税込)
2017年1月28日
【営業日】
2017年4月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
は定休日です。
水曜日は定休日
第四週の火曜日は定休日
検索フォーム
QRコード
QR