対談:バルトークの作品。

対談:バルトークの作品。

Aさん:当店常連様ワインとクラシック音楽好き。
店主:若い頃ヴァイオリンを習い志した。通称ピノさん。


ムラヴィンスキー

店主:バルトークの弦チェレ聴きましたか?
パーヴォ・ヤルヴィ指揮、N響・・・。
Aさん:あの作品は素晴らしい。
けれど難解だよね。
店主:弦楽器、打楽器、チェレスタを同じ線に乗せる。
ユニークなアイディアで非凡です。
ですから独自の緊張感が生まれる。
特に弦楽器は緊張感を助長させやすい。
また場面展開にティンパニが活躍。
Aさん:しかし今回の演奏会でも聴衆の理解度は今一に感じた。
店主:バルトークの作品は基本、難解です。
パーヴォも語っています。
彼は天才だと・・・。
しかもストラヴィンスキーのように派手ではないとね。
ですから、時代に埋もれそうな感じもあります。
Aさん:また民族音楽に貢献もあったしね。
店主:彼の基本はハンガリーです。
アメリカへ渡っても魂は祖国。
アメリカでのアパート生活には苦労。
騒音で作曲が進まない状況。
しかも病魔が襲う・・・。
彼は信念と良識と謙虚さを持った人物。
しかも動植物に関心があり良きパパでした。

最後に弦チェレのお勧め音源ですが・・・。

★ バルトーク作曲
  弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽
  ムラヴィンスキー指揮、レニングラード・フィル
  1967年5月24日 ライブ録音

店主:このCDは他にオネゲルとストラヴィンスキーの作品。
オネゲルは典礼風でストラヴィンスキーはアゴンです。
Aさん:同時代の作曲家達ですね。
店主:弦チェレは第2次世界大戦前の作品。
そしてオネゲルの典礼風は大戦後直ぐに作曲。
作風はまるで違いますが混沌とした状態は感じる。
Aさん:ある意味、現在の世界の状態も近い。
店主:恐ろしいですね・・・。

2017年10月16日
静岡県 藤枝市 ワイン専門店ピノ ノワール






スポンサーサイト

ブラームスを無性に聴きたい。

ブラームスを無性に聴きたい。


本日、快晴。
レコードでクラシック音楽を鑑賞。
ブラームスを聴きたくなる。
私はブラームスを愛し過ぎている男。


満を持して発表されたのが交響曲第1番ハ短調。
彼は長い年月をかけて作曲、実に20年。
それ以前にレクイエム、弦楽四重奏曲。
ピアノ四重奏曲第3番、など次々に傑作を創作。
作家ロマン・ローランはベートーヴェンの充実期を称して傑作の森と呼んだ。
ブラームスも自身の傑作の森を邁進中であった。
その長い充実期、ですから満を持してとなる・・・。

ベートーヴェン以降に目立った交響曲は作曲されずにいた。当時、交響曲作曲の待望論はあったと思う。
しかしベートーヴェンの作品を越えられない恐怖が支配。
それ程、彼のシンフォニーは素晴らしかった。
皮肉な事に交響曲を創作して作曲家として認められる時代、偉大な交響曲を残したベートーヴェンは大きな壁として数々の作曲家を阻んだのだ。
しかし遂にベートーヴェンの後を継ぐ作曲家が出現。
それがブラームスであった。

交響曲第1番は評論家の為に作曲された。と言われる事がある。それだけの力作である。
ブラームス最後の交響曲である第4番と聴き比べればわかる、その違い・・・。
強固でありながら緻密な第1番。
評論家に批判される隙は全くない。
また偉大な先駆者ベートーヴェンを意識したであろう箇所が随所に見受けられる。
力が抜け郷愁を感じる第4番。
先人を敬い古風な様式を入れながらも進化させた。
ある意味、第4番はブラームスが目指した作品なのかもしれない。

ここでおすすめ音源をご紹介。

ブラームス

★ ブラームス作曲
  交響曲第1番 ハ短調 

ヴィルヘルムフルトヴェングラー指揮
ウィーン・フィル
1947年11月17~20、25日 録音

圧倒的な演奏。
ブラームスはこれだよ、これだ!!

一度お聴き下さい。

2017年9月18日
静岡県 藤枝市 ワイン専門店ピノ ノワール





ドビュッシーのオペラ:ペレアスとメリザンド

ドビュッシーのオペラ:ペレアスとメリザンド

Aさん:当店常連様ワインとクラシック音楽好き。
店主:若い頃ヴァイオリンを習い志した。通称ピノさん。


楽譜

店主:最近個性的な演奏家不在です。
Aさん:そうですね。
ですから往年の演奏家ばかり鑑賞。
店主:私は中学生の頃からフルトヴェングラー一筋。
ベートーヴェンやブラームスは最高。
Aさん:わかるわかる。
私はトスカニーニを頻繁に鑑賞。
店主:作品の解釈はまるで違う。
ベートーヴェンの第9が顕著ですね。
年齢を重ねるとフランス物も鑑賞します。
Aさん:フォーレのレクイエムは素晴らしい。
店主:アンドレ・クリュイタンス指揮がいい。
フィッシャー・ディースカウ。
ロス・アンヘレス。
パリ音楽院管弦楽団。
1962年録音。
Aさん:三大レクイエムと呼ばれるのも頷けるね。
店主:やはりクリュイタンスは品がある。
ですからフランス物はお得意です。
しかしベートーヴェンなどのドイツ物も素晴らしい。
Aさん:丁寧な仕事をするよね。
店主:ベートーヴェンの第4番。
1959年、ベルリン・フィル。
Aさん:えっ ベルリン・フィル・・・。
カラヤンがよく許したね。
店主:彼はライバルと感じなければ手兵を貸したらしい。
カール・ベームもベルリン・フィルを指揮した。
59年ですからフルトヴェングラー時代の楽員もまだ多数在籍。
ですからオケの響きが違う。
第4番、第一楽章、序奏の美しいさは格別。
クリュイタンスらしいです。
Aさん:彼はある意味、達観している。
店主:そうですね。
それがあの甘美な響きに繋がっていますね。
Aさん:今夜はフランス物を聴こうかな。
店主:私もそうします。
ドビュッシーの傑作、オペラ:ペレアスとメリザンドを鑑賞します。
ワーグナー信奉者の彼が、反旗を翻した異作。
言葉と音楽のバランス。
これはフランス音楽の頂点です。

2017年9月3日
静岡県 藤枝市 ワイン専門店ピノ ノワール









未完の作品の美しさ

未完の作品の美しさ

当店店主はワインとクラシック音楽に造詣が深い。
そんな私から・・・。


楽譜

作曲家が何らかの理由で断筆。
それらの作品は素晴らしいものが多い。
作曲家の死・・・。
途中で意欲を無くした。方向性の変化・・・。
など様々な理由があります。
その後、弟子などにより補完。
または、そのまま未完成。

前者はモーツァルトのレクイエム。
プッチーニのオペラ:トューランドット。
などが有名。

後者はシューベルトの未完成。
ブルックナーの交響曲第9番。
マーラーの交響曲第10番。
などが有名。

モーツァルトが力尽きた作品レクイエム。
今では後世の作曲家により数種類の保筆版がある。
しかしどれも完成度が高く美しい流れ。

シューベルトの未完成。
私的には2楽章物の作品と捉えている。
特に第1楽章の動機が迫る緊迫感は素晴らしい。
逆に4楽章の交響曲には向かない。
お勧め音源は1952年10月2日。
フルトヴェングラー指揮、ベルリン・フィル。
時代に翻弄された指揮者とオケの運命的な演奏。

また神様ブルックナー。
遅咲きの天才の未完のシンフォニー。
再度言う、ブルックナー最後のシンフォニーは未完。
過去の作品と比べ精神性が富に高く未完は残念。
しかし、それだからこそ可憐でもある。

未完の作品は深い。
ミステリアスであり憶測を呼ぶ。
作品が持っているもの以上に楽しめる何かがある。

皆様もお聴きください。

2017年9月1日
静岡県 藤枝市 ワイン専門店ピノ ノワール


対談:最近のクラシック音楽

対談:最近のクラシック音楽

Aさん:当店常連様ワインとクラシック音楽好き。
店主:若い頃ヴァイオリンを習い志した。通称ピノさん。


楽譜

店主:ブラームスいいですね。
若い頃は第1番をよく鑑賞しました。
しかし最近は第4番です。
エネルギッシュな第1番は負担が掛かる。
中年になると自然に鑑賞できる第4番がいい。
Aさん:わかるわかる。
ですから第2番も聴く頻度が上がる。
店主:録音もたくさんあり研究材料は豊富。
Aさん:ピノさんにとっては研究なんだね。
店主:ハハハ・・・。
クレンペラーの構造物。
哲学を帯びた第4番。
熱狂する演奏ではありませんが・・・。
Aさん:難しい表現だよね。
その点、ストコフスキーが好きです。
店主:彼は長寿でしたよね。
土台はヨーロッパですがアメリカ的。
Aさん:アメリカに渡り大活躍した名指揮者。
彼はアレンジを施し聴きやすくした。
店主:パティをバンズに挟んでハンバーガーを誕生させた。
言い過ぎかもしれないがそんな手法。
ですが、これがアメリカ人には受けた。
一例はバッハをより大衆的に施した。
敬遠しがちな崇高なバッハもハンバーガーに仕立てた技。
これには参りました・・・。
また、ブラームスもレパートリーの一つ。
最後に指揮した第4番。
年齢を感じさせない。
第1楽章後に思わず拍手が入るからね。
感動的・・・。
Aさん:最近の演奏はつまらん。
店主:個性あるスター不在です。
カラヤン、バーンスタイン後の世界。
クラシック音楽を牽引するスターの長期不在。
Aさん:そうです。
店主:見渡せば、酷似してきたオーケストラ。
ベルリン・フィルだって、人種、性別が様々。
これでは地域色が表現できないよね。
冷戦時、東のオケが来日すると、雰囲気が醸されていた。
オケが「音」を既に持っていた。
それを上手に引き出すのが指揮者の役割だった。
Aさん:カラヤンがウィーン・フィルを指揮する。
するとウィーン・フィルの音色が変わる。
店主:そうです。
フルトヴェングラーがベルリン・フィルを指揮するとあの独自の音色になる。
残念ながら自身の響きを自身で失わさせたオケは最大の武器を捨てた。
結果、クラシック音楽は魅力的ではなくなりました。
人生の大半をクラシック音楽を伴侶とした私は悲しいです。

2017年8月6日
静岡 藤枝市 ワイン専門店ピノ ノワール





死ぬまでに飲みたい1本
baroro.jpg
これは飲むべき。
イタリアを制覇しろ!!
   【店舗ご紹介】

ピノ ノワール店主

Author:ピノ ノワール店主
静岡県藤枝市
ワイン専門店ピノ ノワール店主。
(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエ。
ワインとクラシック音楽に生涯をかけています。
近隣の焼津市、島田市、静岡市、浜松市や相良、御前崎からもご来店。
バッハからストラヴィンスキーまで幅広くクラシック音楽を溺愛。
自らもヴァイオリンを弾き人生に華を添えています。
そんな超個性豊かな店主ですが宜しくお願い致します。
銘器ヴィヨームと私
私がベートーヴェンのスプリング・ソナタを弾いている写真。(1991年)
1850年製の銘器 ニコラ・ヴィヨーム。
当店のHPは以下をクリックhttp://www.p-noir.com/

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
今月の1枚

  ブラームス
フルトヴェングラーの名演(LP)
1948年10月24日 ライブ録音
私の心の師ブラームス作曲
交響曲第4番 ホ短調
一聴きあれ!!
詳細は【クリック】
贈答用ワイン承ります。
ワインの種類は縦横無尽。
ですから、たくさんのワインから選べる楽しさがある。 知識、経験豊かな(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエが責任を持っておすすめワインをセレクト。
ソムリエ協会
【歴史】
創業明治37年
酒造業から酒類問屋を経て新たにワイン専門店としてがんばっております。
【クリック】
ブログ富士勢い
【会社情報】
ワイン専門店ピノ ノワール
(株)杉井隆治商店
創業明治37年
会社設立43年
平日:10:30~20:15
祝日:10:30~19:30
定休日:水曜
【便利】
各種カード対応。
ポイントを貯める。
高額ワインは数回に分けての支払いもできます。
カード
【地図】クリック!!
藤枝市城南2-8-8
地図
【必須アイテム】The Durand
古酒に便利。
一家にお一つ!!
あける
【お知らせ】
★ 好評発売中
この季節はシャンパーニュ!!
贈答用としても最適。
コラン
洗練されたブランド ブラン
¥8,980(税込)
2017年1月28日
【営業日】
2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
は定休日です。
水曜日は定休日
第四週の火曜日は定休日
検索フォーム
QRコード
QR