FC2ブログ

名演奏家ライブラリー

名演奏家ライブラリー

芸術を愛する私。
特にクラシック音楽を愛している。


gfgffgfgfgffgfgfgf.jpg

ヴァイオリンが突如出現し花形となった。
先祖の楽器の説は様々ある・・・。

ヴァイオリニストと銘器の組み合わせ。
それが聴き手の楽しみである。
因みに私のヴァイオリンはヴィヨーム。
有名なJBヴィヨームの弟ニコラ作です。
私の稚拙さをカバーしてくれる銘器。

昨日、私の手元に届いた音源。
パガニーニの直系ヴァイオリニスト。
ジノ・フランチェスカッティである。
彼はストラディヴァリウスのハートを所有。
それ以前はセラフィンであった。
セラフィンは私のヴァイオリンの先生も所有しておりニスに独自の風合いを感じる初めて見る銘器だった。
通称、ハートはロンドンの楽器商ハートが由来。
因みにヒル商会も楽器商として有名・・・。
数々のオールドを扱い歴史的なヴァイオリンの権威。

フランチェスカッティはストラドと相性抜群。
グァルネリ・デル・ジェスは野生味ある。
しかし最高のストラドは天使の音色。
その音色とフランス随一のテクニックで圧倒。

私はワルター指揮でベートーヴェンの協奏曲を中学生の時聴いた。
あまりの優美さに虜となった。
そんな経緯があり今回の全集は楽しみであった。

戦前中後の演奏が収録されている。
意外と演奏スタイルに大きな変化があった。
また甘美故にラロのスペイン交響曲は物足りなかった。
しかしやはりパガニーニやベートーヴェン。
ブラームス等々のコンチェルトは秀品であった。

★ ジノ フランチェスカッティの芸術
  おすすめ度:★★★★★
  

2019年10月10日

スポンサーサイト



日曜の朝はクラシック音楽鑑賞

日曜の朝はクラシック音楽鑑賞

Hさん:10年以上の常連様
店主:ヴァイオリンを習い志した


楽譜

店主:今朝、久しぶりにラジオでアンセルメを聴いた。
日曜日は出勤時にFMの名演奏ライブラリーを聴きます。
熱中しながら鑑賞です。
本日はエルネスト・アンセルメでした。
Hさん:懐かしいね。
私達の世代では・・・。
彼は元々数学者だったと思う。
長寿な人で録音もたくさんあるね。
店主:ですから中学生の時はお世話になりました。
アンセルメとスイス・ロマンド管弦楽団。
ビゼーのアルルの女やカルメン。
好きでした・・・・。
アンセルメは懐かしい響きを醸す。
ですから胸に迫ります。
そして今朝はストラヴィンスキーの火の鳥。
これが素晴らしかった。
オケはニュー・フィルハーモニア管弦楽団。
アンセルメ85歳!!
ストラヴィンスキーは天才ですから・・・。
カメレオン作曲家と言われますが・・・。
それだけ器用にスタイルを変えた。
傑作を続々に創作し枯れる事がなかった。
そんなイメージです・・・。
Hさん:でもあの時代の作曲家は迷っていた。
形式重視かそれを打破するのかと・・・。
フルトヴェングラーも作品を残している。
完全にベートーヴェン、ブラームスの流れを踏襲。
少し時代が戻ったと思ってしまうね。
店主:だから指揮者としては大成したけれど作品はあまり演奏されない。
それはブルーノ・ワルターもそうです。
最近、クラシック音楽は斜陽です。
気軽に聴ける環境になり皮肉にも余計にクラシック音楽離れを加速させている。
これは悲しい・・・。
クラシック音楽は作品の時代背景。
そして作曲家の置かれた立場などを知る。
すると不思議に興味が湧きます。
今夜はアンセルメのLPを探して鑑賞だな。

2019年10月6日

クラシック音楽のち~と愉快な会話

クラシック音楽のち~と愉快な会話

Gさん:見聞が広い見識派
店主:ヴァイオリンを習い志した


楽譜2

店主:世の中は変わる。
我が愛するクラシックの世界も同じ。
最後のスター指揮者カルロス・クライバー
彼の死去が2004年・・・。
それとも・・・。
バーンスタインの死去。
ですから1990年・・・。
それ以前は個性ある指揮者が多かった。
というか・・・。
群雄割拠の時代であった。
Gさん:興味深い時代だよね。
NHK教育でも頻繁に放映していた。
ムラヴィンスキーのショスタコ。
バーンスタインとウィーン・フィルの黄金コンビでマーラーの交響曲全集。
若きラトルとバーミンガム市交響楽団。
鬼才チェリビダッケとミュンヘン・フィル。
最近は地上波ではほとんど放映しない。
古典芸能またはN響を放映。
店主:おいおい・・・。
そんなに斜陽かと痛感。
演奏スタイルも随分変わった。
ベートーヴェンの第9がわかりやすい。
フルトヴェングラーと最近の演奏。
テンポも速く端的なのが今風。
精神性に富み貫禄あるフルトヴェングラー。
勿論、第5番も時代で随分違う。
流石にカルロス・クライバーは現代的。
Gさん:そう言えば・・・。
キリテ・カナワとかアグネス・バルツァ等々の歌手はどうしているかな?
ドミンゴは晩節を汚しそうだし・・・。
メトロポリタン歌劇場から締め出しくらった。
あの名声を汚すのは悲しい。
店主:時代は変わったからね・・・。
フルトヴェングラーは愛人が多かった逸話は有名。
ダニエレ・ガッティーは名門オケのロイヤル・コンセルトヘボウを解任された。
就任してたった2年で解任。
あのオケはメンゲルベルクも首席を務めた名門中の名門。
ですからガッティーは楽しみだったのに・・・・。
これからも芸術を語りましょう・・・。

2019年9月30日

愛するクラシック音楽で語り合う。

愛するクラシック音楽で語り合う。

Aさん:ワインとクラシック音楽愛好家
店主:ヴァイオリンを習い志した


楽譜

店主:最近の若手は器用にブルックナーの交響曲を指揮する。
昔は大御所がいました・・・。
クナッパーツブッシュ、チェリビダッケ。
カール・シューリヒト・・・。
日本人では朝比奈さんが第一人者でした。
Aさん:そうだね・・・。
大御所的な演奏は説得力があった。
クナの堂々としたスタイルは圧巻。
チェリが叫びながらの指揮はオカルト的。
店主:私はヨッフム指揮も頻繁に鑑賞した。
最近では名前を聞くことは少ない。
指揮活動の集大成としては神秘的。
チェリビダッケは生で第4番を聴きました。
ゲネ・プロも見学しあの素晴らしい響きを体験した。
これが人生の肥やしになっています。
最近、ハインティンクで第7番を鑑賞。
地味な印象のある指揮者ですが・・・。
意外と熱い!!
高齢な指揮者で巨匠の域です。
Aさん:彼のマーラーは絶品。
あのハインティンクがと驚きます。
今の若い人に生で体験して頂きたい。
演奏時間は長いが充実感はグンを抜く。
長編小説を完読した爽やかな感動。
それは後期ロマン派あるあるだね。
店主:醍醐味はやはりロマン派。
ナパ・ヴァレーのCSと相性がいい。
どちらも感性があり物語がある。
だから最高のマリアージュとなる。
今宵はブルックナーの第9番でも聴くかな。
ムラヴィンスキー指揮でさ。

2019年9月19日

対談:ワーグナー、グールド、オペラ

対談:ワーグナー、グールド、オペラ

Dさん:当店通い歴11年のワイン好き
店主:ヴァイオリンを習い志した


296.jpg

店主:クラシック音楽の歴史上あまりに存在感があるワーグナー。
その人生は波乱万丈。
大胆であり幸運の持ち主・・・・。
彼の楽劇はその集大成ですね。
ニーベルングの指輪を聖地で聴いてみたい。
ドイツの田舎バイロイトです。
Dさん:時の権力者はバイロイト詣でをしています。
メルケルはワーグナーも好き。
またフルトヴェングラー好きとしても有名。
権力に悪用された時もある。
ヒトラーも熱烈なワーグナー好き。
まあワーグナー家から近付いた気配もあります。
一時期、イスラエルでワーグナーの演奏が禁止された事もあった。
バレンボイムなどがワーグナーを取り上げたのは話題でした。
音楽作品に罪はありませんからね。
ワーグナー自身は反ユダヤの思想を持っていたとも言われる。
店主:ワーグナーが尊敬したベートーヴェン。
聖地で唯一演奏されていいのがベートーヴェンですね。
彼は第9をピアノ用にして演奏していた。
義父のリストもベートーヴェンの交響曲をピアノ用にしていた。
グールドが弾いた第5番もなかなかいいですね。
グールドで言えば・・・。
勿論、バッハの演奏は素晴らしいがブラームスもいい。
独自のバランス感覚で現代人受けします。
ドイツの大御所ピアニストの難しさがありません。
ベートーヴェンはポリーニなどイタリア人が聴きやすい。
我らのベートーヴェンという意識が希薄なのかも。
トスカニーニとフルトヴェングラーは違う。
イタリア人指揮者はドイツ物を意識していない。
やはりイタリアはクラシック音楽母体。
素晴らしい音楽家が多く輩出されています。
オペラ作曲家は圧巻!!
本日はヴェルディのオペラでも鑑賞しようかな。

2019年8月23日


5%還元!!
還元
VISA,Mastercard対応
2019年10月~2020年6月
   【店舗ご紹介】

ピノ ノワール店主

Author:ピノ ノワール店主
静岡県藤枝市
ワイン専門店ピノ ノワール店主。
(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエ。
ワインとクラシック音楽に生涯をかけています。
近隣の焼津市、島田市、静岡市、浜松市や相良、御前崎からもご来店。
バッハからストラヴィンスキーまで幅広くクラシック音楽を溺愛。
自らもヴァイオリンを弾き人生に華を添えています。
そんな超個性豊かな店主ですが宜しくお願い致します。
銘器ヴィヨームと私
私がベートーヴェンのスプリング・ソナタを弾いている写真。(1991年)
1850年製の銘器 ニコラ・ヴィヨーム。
当店のHPは以下をクリックhttp://www.p-noir.com/

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
嬉しいお知らせ

  還元
VISA,Mastercard対応
2019年10月~2020年6月
この機会にワインを楽しむ。
週末、休日にワインのある生活。
記念日に、友人に恋人に!!
詳細は【クリック】
贈答用ワイン承ります。
ワインの種類は縦横無尽。
ですから、たくさんのワインから選べる楽しさがある。 知識、経験豊かな(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエが責任を持っておすすめワインをセレクト。
ソムリエ協会
【歴史】
創業明治37年
酒造業から酒類問屋を経て新たにワイン専門店としてがんばっております。
【クリック】
ブログ富士勢い
【会社情報】
ワイン専門店ピノ ノワール
(株)杉井隆治商店
創業明治37年
会社設立43年
平日:11:00~20:00
祝日:11:00~19:30
定休日:水曜
   :第二火曜日
【便利】
各種カード対応。
ポイントを貯める。
高額ワインは数回に分けての支払いもできます。
カード
【地図】クリック!!
藤枝市城南2-8-8
地図
【必須アイテム】The Durand
古酒に便利。
一家にお一つ!!
あける
【お知らせ】
★ 好評発売中
この季節はシャンパーニュ!!
贈答用としても最適。
コラン
洗練されたブランド ブラン
¥8,980(税込)
2017年1月28日
【営業日】
2019年11月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
は定休日です。
水曜日は定休日
第四週の火曜日は定休日
検索フォーム
QRコード
QR