FC2ブログ

対談:クラシック音楽の巨星たち

対談:クラシック音楽の巨星たち

Aさん:ワインとクラシックマニア。
店主:小さなワイン屋の個性派店主。


往年の演奏家は器が大きい。
ですから聴き比べの楽しさがある。
大いに語りましょう・・・。


楽譜

店主:私が尊敬するフルトヴェングラー。
トスカニーニ、クレンペラーなど個性ある指揮者がいました。
最近は小粒な指揮者で皆様優等生。
これはコンクールの良し悪しもあると思います。
あの均一された金太郎飴は興味が持てません。
Aさん:わかるね~。
フルトヴェンングラーの解釈は少し誇張。
対してトスカニーニは整然としている。
しかし名が残っているのはフルトヴェングラー。
トスカニーニは後世の指揮者に影響を与えた。
店主:と言うか・・・。
フルトヴェングラーのスタイルは模倣出来ない。
彼だって最初からあのスタイルではなかった。
ニキシュの指揮を聴き何であんな響きになるか研究。
またシェンカーの影響も受けた。
シェンカー理論で有名です。
シェンカーの日記にフルトヴェングラーの事が記載されています。
私含め人間は若い頃誰かの影響を受けています。
井伏鱒二が太宰から影響を受けたように・・・。
Aさん:天才カルロス・クライバー。
彼は父親のエーリッヒの呪縛から抜けられなかった。
影響を受けながら重圧も感じていた。
人間って面白いね・・・・。
店主:私が音楽を聴ける年齢の時は既に寂しい状態でした。
辛うじてチェリビダッケ、カラヤン、バーンスタインが活動していた。
しかしカラヤン率いるベルリン・フィルの高額なチケットは中学生では買えない。
残念な思いをしまいた・・・・。
勿論、クライバーが来日しシュトラウスのばらの騎士なんて無理。
おこずかいではオペラは聴けない。
ですから成人してからたくさんコンサートには通いました。
Aさん:そうなんだよね。
オペラのチケットはやはり高い。
悲しい・・・・。
店主:もっと立ち見含めて開放して頂きたい。
オペラ鑑賞に浸りたい・・・。
昔はマリア・カラスやシュワルツコップ、ビルギット・ニルソンなど能力が高い歌手が乱立。
男性ならディースカウやハンス・ホッターなど素晴らしかった。
この寒い時期はシューベルトの冬の旅。
ディースカウの歌声が醸す温もり・・・・。
Aさん:今日はシューベルトの歌曲を聴きます。
店主:レコードで聴いて下さい・・・。
リートはレコードがいいですから・・・。

2019年1月20日
静岡県 藤枝市 ワイン専門店


スポンサーサイト

対談:フルトヴェングラー

対談:フルトヴェングラー

私の人生に多大な影響を与えた指揮者。
ドイツの巨匠ヴィルヘルム・フルトヴェングラー。
ナチス政権下のドイツに留まり活動。
祖国を去る芸術家も多い・・・。
しかしドイツの聴衆を捨て去る事は出来なかった。
語りましょう・・・


楽譜2

Rさん:同じくフルトヴェングラー好き。
店主:ワインとクラシック音楽に造詣が深い。

店主:フルトヴェングラーは第二次世界大戦前中後で違います。
戦後が晩年期ですね。
戦後は難聴にも苦しめられた・・・。
また嫌疑も掛けられ裁判もあった。
疲労が重なっていたと思います。
Rさん:そうですね・・・。
ベートーヴェンの第5番を垂直聴きすると変化がわかる。
シューベルトのグレートも戦中は昂揚感がある。
しかし晩年はそれでも落ち着いている。
店主:彼は時代の響き。
ワインでいうテロワールやヴィンテージを感じます。
ベートーヴェンのコリオラン序曲も分りやすい。
1943年6月のライブ録音。
一瞬の雷鳴の様な響き・・・。
緊張感漂います。
この感覚はやはりホール全体の産物。
これが1943年のドイツなのだと思う。
対して戦後・・・・。
ウィーン・フィルとの録音しか存在していません。
戦後であり・・。
ウィーン・フィル独自の音色という事もあり様相は違う。
あの殺気だった響きを感じません。
1951年10月のライブ録音です。
他に珍しくスタジオ録音も残っています。
1947年11月です。
Rさん:コリオラン序曲は数分の作品。
ですから垂直並行聴きをしやすいね。
音楽は平和な時、そして戦争中と大きく様相を変える。
クラシック音楽はスコアが命。
しかし解釈する視点が変わると随分違うね。
店主:そこがクラシック音楽の楽しみ方です。

2019年1月15日
静岡県 藤枝市 ワイン専門店



明けましてクラシック音楽を対談

明けましてクラシック音楽を対談

Aさん:当店通い歴10年以上。
ワインや文学に造詣が深い。
店主:ワインとクラシック音楽が好き。
ヴァイオリンを習い志した。


楽譜新

ワインを楽しむには芸術を知るのは必須。
コンサートや美術館に通い教養を深める。
それは楽しい会話に繋がります・・・。
語りましょう。


店主:2019年ウィーン・フィルのニューイヤー・コンサート。
満を持してティーレマンの登場。
もう数十年見ていますが・・・。
段々面白みが無くなっています。
昔はただ演奏会を中継していました。
しかし最近は趣向を凝らして方向性がわかりません。
Aさん:せっかくのコンサートが台無し。
これは某放送局の影響ですかね・・・。
世界中で放送されショーになっている。
ですから普段熱心にクラシック音楽を聴いている人は離れる。
店主:ですが・・・。
クラシック音楽を身近に感じるとしてはいいですね。
ワルツを1時間以上鑑賞はキツイ。
1曲でも長く感じる・・・。
ホールを見渡すと寝ている聴衆もいます。
昔は指揮者一人で雰囲気が断然に違った。
カラヤン一人登場でホールは期待感と緊張感で包まれた。
ですから余計な着色は必要がなかった。
しかもウィーン・フィルは純粋な集まりでした。
理念ある尊敬されるオケでした・・・。
しかし今や血統性が汚されている。
それは世界中のオケがそうですが・・・。
これがクラシック音楽が斜陽を加速させた。
Aさん:わかるよピノさんの言いたい事。
地域色が失われた・・・。
世界最高峰のベルリン・フィルであっても地域だからね。
その地域の響き・・・。
様するに響きの訛りを聴きたい。
それが喪失された・・・。
悲しい現状だよね。
店主:そうです。
素晴らしい伝統でも世界の潮流を受ける。
今やどこのオケも国際色豊かです。
ですから金太郎飴状態。
ドレスデンの重厚な音色・・・。
バイエルンの躍動的な動き・・・。
スイス・ロマンドのなんか懐かしい響き。
が・・・・。
音楽遺産が消失していく様は悲しい。
ですがこれからも熱くクラシック音楽を研究していきます。

2019年1月6日
静岡県 藤枝市 ワイン専門店


この第九を聴け!!

この第九を聴け!!

当店店主はワインとクラシック音楽に造詣が深い。
そんな私から・・・。


画像1
私が小学校6年の時購入したLP、今でも宝物

年末に第9。
私はあまりこの現象を肯定はしていない。
しかし第9でクラシック音楽を身近に感じて頂きたい。

ベートーヴェンの第9の演奏は無数にある。
第5番と並び人気だ。
第9は交響曲に新たな息吹を吹き込んだ名作である。
万国の指揮者が指揮をし世界中のオケが演奏をしている。
ですが、やはりドイツ人の指揮者が素晴らしい。
巨匠フルトヴェングラーの名演である。

レコード鑑賞がおすすめ。
特にモノラル録音はレコードが最高である。
1951年7月29日、バイロイト祝祭劇場でのライブ録音。
まさに、神がかっている。
この演奏をフルトヴェングラー最高の1枚と評する人は多い。
私もそう確信している1人である。

現在の指揮者では限りなく演奏不可能であると思う。
今の指揮者ではこの手の演奏は出来ないのである。

歌手陣もまた素晴らしい。
特にソプラノのシュヴァルツコップは価値がある。
フルトヴェングラーのお気に入りであるエーデルマンも期待に応えている。

精神の極み、幻想的なカオスから旋律が誕生し苦難と絶望を乗り越える。
第1、第2次世界大戦という死を現実的に見たドイツ人の指揮者。
両大戦とも敗戦をし苦難からのスタートである。
父親は著名な考古学者であり特別な教育を受けたフルトヴェングラー。
幼少から作曲にその才能を発揮し恋にも敏感であった。
順風な人生もナチスによって奪われ利用された。
やはりヒトラーとゲッペルスのコンビは最強最悪であった。
戦争末期はゲシュタポに命を狙われ、コンサート後にスイスへ脱出。
数々のユダヤ人音楽家を救いながらも戦後は誤解されアメリカで批判の嵐に晒された。
しかし裁判で無罪を勝ち取り楽壇復帰。
折りしも、ワーグナー家とヒトラーの近い関係から戦後中断だれていたバイロイト音楽祭が開催。
楽劇の前に演奏された第9である。

ワーグナーが尊敬していたベートーヴェン。
第9は楽劇の前に唯一許された尊い作品である。
また祝祭劇場は当時、大部分が木造だったので独自の温もりを感じる響きである。

クラシック音楽は、作品の時代背景や演奏家が置かれていた環境を
知ることでより聴きやすくなります。

★ ベートーヴェン作曲  
  交響曲第9番 ニ短調
  
  ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮
  バイロイト祝祭管弦楽団及び合唱団
  エリザベート・シュヴァルツコップ 
  エリザベート・ヘンゲン
  ハンス・ホップ
  オットー・エーデルマン
1951年7月29日 ライブ録音
 
最高の第9である。

評価:★★★★★
音質:★★★★(モノラルとしては)
感動度:★★★★★
一言第9ならこれがいい。
最後に一言絶対に聴け!!

2018年12月28日
静岡県 藤枝市 ワイン専門店



対談:クラシック音楽の名演。

対談:クラシック音楽の名演。

Bさん:熱烈なワインとクラシック音楽愛好家。
店主:寡黙な紳士・・・?

楽譜新

名演・・・。
クラシック音楽史上数々存在する。
ベートーヴェンの第5番。
フルトヴェングラー指揮ベルリン・フィル。
1947年5月27日のライブ録音。
など記憶に残る名演が存在する・・・。
語りましょう・・・・。


店主:我々クラシック音楽愛好家は名演が好き。
ですが名演は簡単には生まれません。
日本に多大な貢献をしたサヴァリッシュ。
N響との最後の演奏は感動的でした。
私はコンサート会場で聴いていました。
会場全体が独自の雰囲気に包まれた。
これが最後かな・・・。
と聴衆は感じとっていました。
Bさん:そう・・・。
名演は何か察知するものがあるよね。
ピノさんは貴重な体験談が多いから羨ましいよ。
店主:クーベリックが1990年に亡命先から祖国チェコのプラハの春音楽祭でスメタナの我が祖国を指揮。
ハヴェル大統領ご臨席。
これは感動しました。
大統領ご自身も社会主義体制の中で苦労された人物。
あの時の昂揚感は凄かったです。
Bさん:私もあの演奏は人生の中でもトップクラスです。
人生の肥やしになっています。
店主:ピアニストならディヌ・リパッティ。
天才ですが早くして亡くなった。
モーツァルト然りメンデルスゾーン然り天才は早死。
リパッティは品性を保ちながら技巧を強調しない。
そして何より音楽に対し真摯な構え。
彼のショパンは凄い・・・。
現代であの響きを醸せるピアニストは0。
Bさん:ピノさん辛辣だね。
店主:自身の死が迫る中最後のリサイタルは涙。
聴衆もその点を理解していた。
所謂ブザンソン音楽祭のリサイタル。
68年前の1950年9月16日です。
バッハのパルティータ第1番・・・。
明るい作品も影を帯びながら進行。
グールドの演奏と比較するとテンポも息使いも違う。
しかしリパッティ特有の品性を感じる名演です。
Bさん:リパッティ含めルーマニアは才能ある人物が多い。
そう考えるとチャウシェスクは国の導き方に問題がある。
芸術って時代背景を知ると楽しい。
また考える力を与えてくれるね。

2018年12月25日
静岡県 藤枝市 ワイン専門店


死ぬまでに飲みたい1本
baroro.jpg
これは飲むべき。
イタリアを制覇しろ!!
   【店舗ご紹介】

ピノ ノワール店主

Author:ピノ ノワール店主
静岡県藤枝市
ワイン専門店ピノ ノワール店主。
(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエ。
ワインとクラシック音楽に生涯をかけています。
近隣の焼津市、島田市、静岡市、浜松市や相良、御前崎からもご来店。
バッハからストラヴィンスキーまで幅広くクラシック音楽を溺愛。
自らもヴァイオリンを弾き人生に華を添えています。
そんな超個性豊かな店主ですが宜しくお願い致します。
銘器ヴィヨームと私
私がベートーヴェンのスプリング・ソナタを弾いている写真。(1991年)
1850年製の銘器 ニコラ・ヴィヨーム。
当店のHPは以下をクリックhttp://www.p-noir.com/

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
今月の1枚

  ブラームス
フルトヴェングラーの名演(LP)
1948年10月24日 ライブ録音
私の心の師ブラームス作曲
交響曲第4番 ホ短調
一聴きあれ!!
詳細は【クリック】
贈答用ワイン承ります。
ワインの種類は縦横無尽。
ですから、たくさんのワインから選べる楽しさがある。 知識、経験豊かな(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエが責任を持っておすすめワインをセレクト。
ソムリエ協会
【歴史】
創業明治37年
酒造業から酒類問屋を経て新たにワイン専門店としてがんばっております。
【クリック】
ブログ富士勢い
【会社情報】
ワイン専門店ピノ ノワール
(株)杉井隆治商店
創業明治37年
会社設立43年
平日:11:00~20:00
祝日:11:00~19:30
定休日:水曜
   :第二火曜日
【便利】
各種カード対応。
ポイントを貯める。
高額ワインは数回に分けての支払いもできます。
カード
【地図】クリック!!
藤枝市城南2-8-8
地図
【必須アイテム】The Durand
古酒に便利。
一家にお一つ!!
あける
【お知らせ】
★ 好評発売中
この季節はシャンパーニュ!!
贈答用としても最適。
コラン
洗練されたブランド ブラン
¥8,980(税込)
2017年1月28日
【営業日】
2019年1月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
は定休日です。
水曜日は定休日
第四週の火曜日は定休日
検索フォーム
QRコード
QR