クラシック音楽を深く対談

クラシック音楽を深く対談(マーラー)

Aさん:当店常連様ワインとクラシック音楽好き。
店主:若い頃ヴァイオリンを習い志した。通称ピノさん。


楽譜2

店主:最近またグスタフ・マーラーが熱いですね。
N響の首席指揮者のパーヴォ・ヤルヴィ。
この前来日したエリアフ・インバル。
世代は違うがマーラーがレパートリーの中心ですね。
Aさん:ヤルヴィはネーメ・ヤルヴィの息子だよね。
店主:そうです。バーンスタインに薫陶を得た。
そしてインバルは懐かしいですね。
マーラー・ブームの立役者だった。
Aさん:彼はもう81歳でしょ。
店主:そうなんです。もうそんな年齢。
マーラーの第5を振ったけど素晴らしかった。
年齢を感じさせない指揮でした。
マーラーの激しい感情は凄い。
第2楽章や第1番の終楽章なんて激しい。
それと対比できる深い悲しみがまたいい。
Aさん:同じ意見です。
インバルはイスラエル生まれでマーラーに共感できるのかもね。
店主:それはあると思います。
フルトヴェングラーでしたらベートーヴェンが得意なように。
Aさん:しかしまだまだマーラーが根付いたとは言えない。
店主:作品は長大であり起伏が激しい。
ですからまだ一部のマニア向けかもしれません。
私ですら10、20代では理解できなかった。
支離滅裂で危険な香りを感じた。
しかし作品の叫び訴えを理解出来るようになりました。
芸術はそんなものです。






スポンサーサイト

対談クラシック音楽(熱く語っちゃう編)

対談クラシック音楽(熱く語っちゃう編)

Aさん:当店常連様ワインとクラシック音楽好き。
店主:若い頃ヴァイオリンを習い志した。通称ピノさん。


楽譜

Aさん:クラシック音楽はいいね。
店主:様々作曲家が時代時代に活躍。
Aさん:ベートーヴェンは必須でしょ。
店主:ほぼ毎日ベートーヴェンです。
私的には朝食的・・・。
違うな、豪華な料理かな。
第1番は親しみを感じBGMとしてもいい。
Aさん:聴き応えあるのは第5、7、9番。
店主:突然変わりますが、マーラーもいいです。
創作豊かな作品が多い・・・。
まじめで大器な作品が多い。
Aさん:悩みながら創作するのは有名。
彼はマジメ一筋ですからね。
店主:でも第7番の5楽章は彼らしくない。
悩み過ぎて道化を演じている。
Aさん:彼の作品の中では色彩が弱いね。
店主:そうですね強烈な物は無いと思います。
マーラーは声楽を伴う作品が特に素晴らしい。
Aさん:そうですね、しかも東洋にまで着眼している。
店主:大地の歌なんか雄大でもあります。
バーンスタイン指揮はお手本。
クレンペラーも個性的で流石です。
Aさん:クラシック音楽にワイン・・・。
生活に欠かせないものだよね。





対談:バッハ マタイ受難曲

対談:バッハ マタイ受難曲

Aさん:当店常連様ワインとクラシック音楽好き。
店主:若い頃ヴァイオリンを習い志した。通称ピノさん。

マタイ

Aさん:やはりJ.Sバッハは原点です。
店主:マタイ受難曲は素晴らしいですね。
Aさん:私はカール・リヒターで良く聴きました。
店主:私はフルトヴェングラーが愛聴盤です。
1954年4月のウィーンでのライブ録音。
フルトヴェングラー最晩年です。
Aさん:日本人には理解しづらい作品ですよね。
店主:ですから概要を知り、対訳を用意する。
これが基本ですよね。
Aさん:受難の場面場面をイメージして鑑賞。
店主:劇的ですよね。
最後の晩餐でのテノールは極美的。
話は戻りますが、フルトヴェングラー晩年の演奏。
歌手陣が凄い・・・。
福音史家にアントン・デルモータ。
そしてイエスにフィーシャー・ディスカウ。
Aさん:ディスカウは日本で大人気でした。
私も来日した折、リサイタルに行きました。
シューベルトの冬の旅。素晴らしかった。
店主:うらやましいです。
あの切なく浪々とした声質は感激です。
話は戻りますが、マタイは演奏時間が長い。
しかしその分、達成感とも言える感動は凄い。
Aさん:ヨハネ受難曲と共に音楽遺産ですね。







90歳の指揮者。

90歳の指揮者。


当店オーナー・ソムリエ。
ワインとクラシック音楽をディープに愛す。
そんな私の一日はワインとクラシック音楽が占める。

楽譜2

フルトヴェングラーは私にとって神。
尊敬の念を持っている。
身近に感じる指揮者はとは違う。
親近感のある指揮者にブロムシュテットがいる。
私の年齢では恐れ多いが90歳である。
81年にN響に客演してから聴いている。
作品に対する真摯な指揮に感銘を受けた。
高齢になってからは世界のオケで指揮を依頼される。
ドレスデン、バイエルン、ウィーン・フィル。
そして、頂点のベルリン・フィル・・・。
しかし、最近のブロムシュテットにあまり興味が持てない。
高齢からくる芸術の極みを見たい。
枯れた演奏を聴きたい。
彼は、超リラックスで指揮をしている。
これはこれでいいのかもしれない・・・。
しかしベートーヴェンの第5番。
もう少し内面を充実して欲しかった。




フランス6人組。

フランス6人組。

ワインのある生活だからクラシック音楽をご紹介。
知的飲み物であるワイン。
そんなワインにはやはりクラシック音楽であろう。

楽譜

驚いた。
シャルル・デュトワが80歳。
自分も年をとったのがわかる。
20年以上前にN響の音楽監督に就任した。
そして新しい風をN響に吹き込んだ。
スィトナーやサヴァリッシュのドイツの響き。
それが当時のN響であったように思う。
それがフランス系の洗練された作品を扱い変わった。
音の魔術師と言われる彼は確実にN響を改革した。

そして久しぶりにデュトワが来日。
ラヴェルなど相変わらず素晴らしい。
そして、ベートーヴェンの第5番。
気合の入った声が頻繁に入る。
個性的な演奏で、面白かった。

しかし中でもオネゲルが最高であった。
デュトワと同じスイスからフランスへ活動の場を移した。
フランス6人組の一人として活躍。

オネゲルはフルトヴェングラー指揮で第3番には馴染がある。
しかし第2番は初である。
戦時下で作曲され、色濃くそれを感じる。
ショスタコーヴィッチとはまた一味違う。
演奏時間も短く、3楽章で内容が濃い。
これから演奏される機会が増えると確信。

本日と明日は定休日。
ブルゴーニュとクラシック三昧。
三昧、三昧で幸せ・・・!!




死ぬまでに飲みたい1本
サンドロ
これは飲むべき。
イタリアを制覇しろ!!
   【店舗ご紹介】

ピノ ノワール店主

Author:ピノ ノワール店主
静岡県藤枝市
ワイン専門店ピノ ノワール店主。
(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエ。
ワインとクラシック音楽に生涯をかけています。
近隣の焼津市、島田市、静岡市、浜松市や相良、御前崎からもご来店。
バッハからストラヴィンスキーまで幅広くクラシック音楽を溺愛。
自らもヴァイオリンを弾き人生に華を添えています。
そんな超個性豊かな店主ですが宜しくお願い致します。
銘器ヴィヨームと私
私がベートーヴェンのスプリング・ソナタを弾いている写真。(1991年)
1850年製の銘器 ニコラ・ヴィヨーム。
当店のHPは以下をクリックhttp://www.p-noir.com/

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
今月の1枚

  ブラームス
フルトヴェングラーの名演(LP)
1948年10月24日 ライブ録音
私の心の師ブラームス作曲
交響曲第4番 ホ短調
一聴きあれ!!
詳細は【クリック】
贈答用ワイン承ります。
ワインの種類は縦横無尽。
ですから、たくさんのワインから選べる楽しさがある。 知識、経験豊かな(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエが責任を持っておすすめワインをセレクト。
ソムリエ協会
【歴史】
創業明治37年
酒造業から酒類問屋を経て新たにワイン専門店としてがんばっております。
【クリック】
ブログ富士勢い
【会社情報】
ワイン専門店ピノ ノワール
(株)杉井隆治商店
創業明治37年
会社設立43年
平日:10:30~20:15
祝日:10:30~19:30
定休日:水曜
【便利】
各種カード対応。
ポイントを貯める。
高額ワインは数回に分けての支払いもできます。
カード
【地図】クリック!!
藤枝市城南2-8-8
地図
【必須アイテム】The Durand
古酒に便利。
一家にお一つ!!
あける
【お知らせ】
★ 好評発売中
この季節はシャンパーニュ!!
贈答用としても最適。
コラン
洗練されたブランド ブラン
¥8,980(税込)
2017年1月28日
【営業日】
2017年4月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
は定休日です。
水曜日は定休日
第四週の火曜日は定休日
検索フォーム
QRコード
QR