FC2ブログ

対談:ヴァイオリンを語る。

対談:ヴァイオリンを語る。

Aさん:ワインとクラシック音楽が好き。
店主:ヴァイオリンを習い志した。


楽譜

素晴らしいヴァイオリン・ソナタやヴァイオリン。
そして理念あるヴァイオリニストを・・・・
大いに語りましょう・・・。


店主:そう言えばこのテーマが遅すぎました。
私はチェロのカザルスに憧れていました。
しかしチェロの先生が見つからずヴァイオリンを習いました。
そして当時も今もジャック・ティボーの音色が好きです。
ティボーはカザルスと同時代に活躍しました。
彼らはピアニストのコルトーと三重奏団を結成。
今では伝説の演奏家で3人共に世界遺産級です。
Aさん:あの時代が好みかもしれませんね。
確かに人情家で自身の経験も込みで演奏。
ですから感動する・・・。
店主:彼らの人生は一人一人が富んでいます。
やはりカザルスが今でも知名度が高い。
彼は弦楽器の聖書である無伴奏に魂を入れた。
今では重要な作品です・・・。
そしてコルトーはリパッティがピアノコンクールで2位になった時に審査員を務めていました。
それに抗議し辞任、リパッティをパリに呼び才能を開花させた。
ティボーの死は残念、来日中に銘器ストラドと共に飛行機墜落で亡くなった。
これには、言葉が出ません。
Aさん:ティボーのモーツァルトは茶目っ気一杯だよね。
モーツァルトの本質じゃないかな。
店主:そう思います。
モーツァルトは天才ですが純粋な面が常に顔を出します。
そして私はヴァイオリンという楽器が好き。
私のヴァイオリンは渋谷のコトという専門店で購入しました。
1850年生のニコラ・ヴィヨーム・・・。
彼のお兄さんはヴァイオリン製作者、鑑定士で有名ですね。
あのパガニーニとの逸話は興味深い。
そして名古屋の鈴木ヴァイオリンも見学したり品川の村田蔵六氏の工房も訪ねました。
そして楽器としてはグァルネリ・デル・ジェスが好き。
天上の音色です、しかも楽器自身が演奏家を選ぶ。
その選任に合格したのがアイザック・スターンです。
彼が演奏したブラームスのコンチェルトは見事にグァルネリの音を惹き出している。
Aさん:ブラームスのヴァイオリン・コンチェルトは人気だね。
私はオイストラフを愛聴している。
スケールの大きさは包容力は抜群。
オイストラフの演奏でフランクのヴァイオリン ソナタこれも凄い。
店主:そうなんですよね。
私が一番好きなのがフランクのソナタです。
ベルギー系でフランス音楽の流れを決定付けた人物。
ベルギーは名ヴァイオリニスト、イザイを輩出した。
その流れは今日でも受け継がれています。
ベルギー系は圧倒的な技巧で有名・・・。
イザイの門下では、あのミルシティンが育ちました。
ミルシティンが弾いたチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲は圧巻。
Aさん:ワインとクラシック音楽の話は盛り上がります。
店主:また次回を楽しみましょう。
今日は家でカザルスの演奏でバッハの無伴奏を聴きます。

2019年3月17日
静岡県 藤枝市ワイン専門店



スポンサーサイト

対談:クラシック音楽通同士の会話

対談:クラシック音楽通同士の会話

Aさん:ワインとクラシック音楽通
店主:同上類似・・・・?


楽譜

クラシック音楽の斜陽・・・。
この現実に愛好家の私は悲しい。
コンサートで学生らしい聴衆は少ない。
音楽の価値が下がった現在・・・。
若手にもクラシック音楽を体験して欲しい。
語りましょう・・・。


店主:今は気軽に音楽を楽しめます。
オーディオ、、、時代は昔・・・。
コンサートでは学生服姿を少なく感じます。
Aさん:この環境でクラシック音楽は風前の灯火。
クラシック音楽のコーナーは片隅に追いやられている。
店主:見渡せば・・・。
クラシック音楽の演奏家の環境も変わった。
オーケストラの楽しみの一つは地域色だった。
ベルリン・フィルやドレスデンなどその地域の響き。
これがワインと同じでテロワールを感じた。
しかし今や完全に消滅・・・。
これでクラシック音楽の楽しさの一つが消えた。
今やベルリン・フィルのメンバーの国籍は28ヶ国。
ベルリン人の割合というよりドイツ人の割合で半分。
これではあかんでしょう・・・・。
Aさん:ピノさんって関西人?
わかるよ・・・。
昔は国際色豊かなのは米国のオケの独壇場だった。
今の現状をフルトヴェングラーが知ったら何て言うのかね。
店主:そしてなんちゃらコンクール。
これは演奏家を均一にする金太郎飴製造機。
水準は上がったけど個性は失った。
Aさん:わかるね・・・・。
往年の演奏家は良いも悪いも色があった。
そこを聴き分ける楽しさがあった。
店主:それを念頭にコンクールを経ていない指揮者。
その模範がティーレマンです。
と言うか独墺圏内で地位を堅持しています
やはり生きている音楽はコレペティトゥーアとして従事する事で身に付く。
往年の指揮者はそうして現場体験の場数を踏んだ。
ですから演奏に生々しさが生まれた。
要するの下積経験をする。
またオペラという作品を様々な角度から携わる。
Aさん:今はクラシック音楽は違う方向に向かっている。
結果を見ればこの答えも正解かもしれない。
店主:ベートーヴェンと10回叫べば興味が持てます。
ベートーヴェン~、ブラームス~、バルトーク~!!
○×■~、*■▽~、▲☆■~!!

2019年2月22日
静岡県 藤枝市 ワイン専門店

私の華麗なコンサート遍歴

私の華麗コンサート遍歴

クラシック音楽コンサート通い実に35年。
数々のコンサートが今の私を築いた。
それは人間としての財産で土台である。
また人生観にも繋がります。


楽譜

思えば・・・・。
若い頃に思春期を含め良い演奏を聴くのは肥やしになる。
セルジュ・チェリビダッケと手兵ミュンヘン・フィルの来日。
ベルリン・フィルの首席指揮者フルトヴェングラー不在の一時この穴を埋めた。
レオ・ボルヒャルトの不幸があり当時無名の青年に王座が回った。
運命とは誰にもわからないのである・・・。
しかしフルトヴェングラーの復帰と共にベルリン・フィルの指揮活動は減る。
そしてフルトヴェングラー亡き後ハイエナ男・・・。
間違えました・・・・。カラヤンさんに王座を奪われる。
しかし他への批判が多いチェリが王座に座ってもいずれオケと揉めたであろう。
世界最高のオケの王座は人間関係の調整力か圧倒的なカリスマ性が必要。
カラヤンさんは帝王・・・・。
チェリは流浪の旅へと出発するのである。
そして行き着いた先が伝統あるミュンヘン・フィル。

待ちに待ったチェリビダッケである。
一回目はブルックナーのロマンティック。
今だに残像が残っている名演。
フランス物と思ってしまう繊細な響きであった。
2回目はブラームスの交響曲第4番 ホ短調。
得意のブラ4は終楽章に鳥肌が立った。
感動のあまり演奏後は回りを徘徊してしまった。

バレンボイム来日。
東京芸術劇場でブラームスのドイツ・レクイエム。
マルティン・ルター訳の聖書から作曲された。
私が愛している作品・・・。
ヴェルディのレクイエムも華やかで素晴らしいが内面を探るブラームスのレクイエムは私好み。
フルトヴェングラーに認められたバレンボイム。
亡き妻は女流天才チェリスト・・・・。
謙虚な姿勢で作品に対峙。
その姿勢に共感した名演でした。
この長い作品を数分と感じる内容の濃さであった。

東京芸術劇場ではオイストラフのヴァイオリン。
世界的ヴァイオリニストのダヴィードの息子。
イーゴリー・オイストラフである。
ヴァイオリン・ソナタの金字塔フランク。
体格が大きい紳士でありながら表情豊か。
ロシアはオケにしてもレベルが高い。
演奏後、エスカレーターで降りながらフラフラ。
感動した演奏会でした。

鬼才ゲルギエフとマリンスキー劇場管弦楽団。
今一番人気の指揮者である。
彼は世界中のオケから指揮を依頼される。
魔術的指揮でオケを惹きつける。
そして聴衆も惹きつけるカリスマ指揮者。
作品はチャイコフスキーの第5番。
お馴染みの作品ですが演奏の完成度が高く格調高かった。
二楽章のホルンの音色はこれがロシアと言わんばかり。
雄大なロシアの自然を耳で感じました。

また私の華麗なコンサート遍歴をご紹介致します。

クラシック音楽は敬遠・・・。
一度コンサートに行って下さい。
小説を読んだ後の充実感に包まれますよ。
えっ小説を読んだ事がない・・・。
お、お、お、おやすみなさい・・・。

2019年2月12日
静岡からワインを発信ピノ ノワール


クラシック音楽の天才作曲家

クラシック音楽の天才作曲家

当店店主はワインとクラシック音楽に造詣が深い。
そんな私から・・・。


楽譜2

私が尊敬する作曲家。
まず筆頭は楽聖ベートーヴェンである。
彼の業績は圧倒的。
あらゆる分野で凄みを効かす。
為政者に音楽を芸術と認めさせた。
ゲーテとは対照的で逸話は有名。
そして正統派継承者ブラームス。
彼は楽聖を尊敬し更に進化させた。
時代遅れなどの言葉は全く正しくない。
懐古しながら進化させている。
全ての作品おいて時代遅れはない。
またオペラを残さなかった。
ベートーヴェンとブラームスの間のメンデルスゾーン。
作品の完成度は高く手直し無しのストレートさを感じる。
これはモーツァツトにも言える。
あまりに早く人生を閉じた天才。
彼が長く活躍していたら傑作を次々創作したと思うと残念です。
後期ロマン派から2名、リヒャルト・ワーグナーとリヒャルト・シュトラウス。
どちらもリヒャルト君。
人格的には難有りのワーグナー。
この巨人として君臨・・・・。
破天荒な人生ながらも才能で生き抜く。
オペラの世界を超越した楽劇を生む。
因みに自信過剰な天才もベートーヴェンだけは尊敬していた。
それとウェーバーにはシンパシーを感じていた。
彼の信奉者をワグネリアンと呼ぶ。
聖地であるバイロイト通いは基本。
そしてリヒャルト・シュトラウス。
ナチスに翻弄されながらも不屈の男。
交響詩やオペラなどすれも一流。
革新的な作風から晩年は回帰。
最晩年の四つの最後の歌はリート傑作。

上記の神様以外にもたくさんいます。
後世に名を残すのは天才ですから。
また時間がありましたら紹介させて下さい。

2019年1月31日
静岡県 藤枝市 ワイン専門店


対談:クラシック音楽の巨星たち

対談:クラシック音楽の巨星たち

Aさん:ワインとクラシックマニア。
店主:小さなワイン屋の個性派店主。


往年の演奏家は器が大きい。
ですから聴き比べの楽しさがある。
大いに語りましょう・・・。


楽譜

店主:私が尊敬するフルトヴェングラー。
トスカニーニ、クレンペラーなど個性ある指揮者がいました。
最近は小粒な指揮者で皆様優等生。
これはコンクールの良し悪しもあると思います。
あの均一された金太郎飴は興味が持てません。
Aさん:わかるね~。
フルトヴェンングラーの解釈は少し誇張。
対してトスカニーニは整然としている。
しかし名が残っているのはフルトヴェングラー。
トスカニーニは後世の指揮者に影響を与えた。
店主:と言うか・・・。
フルトヴェングラーのスタイルは模倣出来ない。
彼だって最初からあのスタイルではなかった。
ニキシュの指揮を聴き何であんな響きになるか研究。
またシェンカーの影響も受けた。
シェンカー理論で有名です。
シェンカーの日記にフルトヴェングラーの事が記載されています。
私含め人間は若い頃誰かの影響を受けています。
井伏鱒二が太宰から影響を受けたように・・・。
Aさん:天才カルロス・クライバー。
彼は父親のエーリッヒの呪縛から抜けられなかった。
影響を受けながら重圧も感じていた。
人間って面白いね・・・・。
店主:私が音楽を聴ける年齢の時は既に寂しい状態でした。
辛うじてチェリビダッケ、カラヤン、バーンスタインが活動していた。
しかしカラヤン率いるベルリン・フィルの高額なチケットは中学生では買えない。
残念な思いをしまいた・・・・。
勿論、クライバーが来日しシュトラウスのばらの騎士なんて無理。
おこずかいではオペラは聴けない。
ですから成人してからたくさんコンサートには通いました。
Aさん:そうなんだよね。
オペラのチケットはやはり高い。
悲しい・・・・。
店主:もっと立ち見含めて開放して頂きたい。
オペラ鑑賞に浸りたい・・・。
昔はマリア・カラスやシュワルツコップ、ビルギット・ニルソンなど能力が高い歌手が乱立。
男性ならディースカウやハンス・ホッターなど素晴らしかった。
この寒い時期はシューベルトの冬の旅。
ディースカウの歌声が醸す温もり・・・・。
Aさん:今日はシューベルトの歌曲を聴きます。
店主:レコードで聴いて下さい・・・。
リートはレコードがいいですから・・・。

2019年1月20日
静岡県 藤枝市 ワイン専門店


死ぬまでに飲みたい1本
baroro.jpg
これは飲むべき。
イタリアを制覇しろ!!
   【店舗ご紹介】

ピノ ノワール店主

Author:ピノ ノワール店主
静岡県藤枝市
ワイン専門店ピノ ノワール店主。
(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエ。
ワインとクラシック音楽に生涯をかけています。
近隣の焼津市、島田市、静岡市、浜松市や相良、御前崎からもご来店。
バッハからストラヴィンスキーまで幅広くクラシック音楽を溺愛。
自らもヴァイオリンを弾き人生に華を添えています。
そんな超個性豊かな店主ですが宜しくお願い致します。
銘器ヴィヨームと私
私がベートーヴェンのスプリング・ソナタを弾いている写真。(1991年)
1850年製の銘器 ニコラ・ヴィヨーム。
当店のHPは以下をクリックhttp://www.p-noir.com/

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
今月の1枚

  ブラームス
フルトヴェングラーの名演(LP)
1948年10月24日 ライブ録音
私の心の師ブラームス作曲
交響曲第4番 ホ短調
一聴きあれ!!
詳細は【クリック】
贈答用ワイン承ります。
ワインの種類は縦横無尽。
ですから、たくさんのワインから選べる楽しさがある。 知識、経験豊かな(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエが責任を持っておすすめワインをセレクト。
ソムリエ協会
【歴史】
創業明治37年
酒造業から酒類問屋を経て新たにワイン専門店としてがんばっております。
【クリック】
ブログ富士勢い
【会社情報】
ワイン専門店ピノ ノワール
(株)杉井隆治商店
創業明治37年
会社設立43年
平日:11:00~20:00
祝日:11:00~19:30
定休日:水曜
   :第二火曜日
【便利】
各種カード対応。
ポイントを貯める。
高額ワインは数回に分けての支払いもできます。
カード
【地図】クリック!!
藤枝市城南2-8-8
地図
【必須アイテム】The Durand
古酒に便利。
一家にお一つ!!
あける
【お知らせ】
★ 好評発売中
この季節はシャンパーニュ!!
贈答用としても最適。
コラン
洗練されたブランド ブラン
¥8,980(税込)
2017年1月28日
【営業日】
2019年3月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
は定休日です。
水曜日は定休日
第四週の火曜日は定休日
検索フォーム
QRコード
QR