FC2ブログ

対談:未完の美しさ・・・。

対談:未完の美しさ・・・。

Aさん:ワインとクラシックに造詣が深い教養人。
店主:幼少期からヴァイオリンを習い志す、愛器は1850年制ニコラ・ヴィヨーム。
百戦錬磨のソムリエ。

楽譜2

交響曲第9番。
怖れられている・・・。
ベートーヴェンは第9番で死去。
ブルックナーも未完。
マーラーは第9番を避け改めて作曲。
しかし第10番は未完・・・。


店主:ジンクスってあるのか。
交響曲第9番の呪い・・。
Aさん:マーラーは怖れに怖れたからね。
店主:しかし未完の美しさってあります。
有名なシューベルトのシンフォニー。
あれも二楽章の美しさ・・・。
モーツァツトもレクイエムもより儚い。
Aさん:ブルックナーに至っては素晴らしい。
第9番が完成したら凄い作品であった。
店主:あれは別物・・・。
先日ジョナサン・ノット指揮、東京交響楽団。
ブルックナー 交響曲第9番を鑑賞。
ノットはスイス・ロマンド管弦楽団の音楽監督です。
Aさん:懐かしいねスイス・ロマンドとアンセルメ。
店主:そうですね。
私もアンセルメ指揮スイス・ロマンドでアルルの女やカルメンを聴きました。
小学生の頃です・・・・。
小学生でもうっとりする音色。
とてもやさしかった。
まるで包まれている様でした。
Aさん:しかしストラヴィンスキーとか当時最新の作品も演奏していた。
アンセルメは知的だったし人望厚かった。
店主:ノットで感じたけど今は指揮者もオケも平等。
昔は指揮者が君臨していた。
ベームはゲルハルト・ヘッツェルに信頼している。
と声を掛けていたけど・・・。
年齢を重ねしかも天才コンマスにあの発言。
Aさん:チェリビダッケとか個性的だったけどね。
今は優等生だからね・・・。
店主:しかしクラシック音楽が盛り上がって欲しい。
やはりカリスマ指揮者の登場が鍵ですね・・・。

2018年9月25日
静岡県 藤枝市 ワイン専門店
スポンサーサイト

対談:没後100年ドビュッシー

対談:没後100年ドビュッシー

天才作曲家クロード・ドビュッシー。
彼の作品はまるで絵画・・・。
脳裡にキャンパスを想い浮かべ鑑賞。
また既存の形式を破壊した先駆者でもある。


Aさん:ワインとクラシックに造詣が深い教養人。
店主:幼少期からヴァイオリンを習い志す、愛器は1850年制ニコラ・ヴィヨーム。
百戦錬磨のソムリエ。


楽譜2

店主:天才の没後100年ですね。
Aさん:そうだね。
しかしクラシック音楽通だけ騒いでいる。
店主:悲しいです・・・。
彼は学生時代から異端児。
私生活も破天荒で女性が苦労しました。
Aさん:惹きつける魅力がある。
作品から感じるね。
店主:交響詩:海。
傑作です。
日本の浮世絵を連想させる筆使い。
彼は船乗りに憧れがありました。
ですから波の描写が素晴らしい。
Aさん:そうだね波って一口に言っても様々。
店主:実際に航海に出た事はないからあの表現は素晴らしい。
それが、彼唯一で傑作のオペラ、ペレアスとメリザンドに表れている。
Aさん:彼が感性のみで作曲した。
店主:恐ろしい程にドビュッシーの響き。
音と音の間の響き・・・。
あの色彩感覚は富んでいる。
Aさん:やはりドイツの形式を打破。
そんな狙いがあったのかね。
店主:フランスとドイツの関係。
それは戦の連続。
ですからそんな側面もあったかもしれません。
Aさん:天才の生涯は短かったね。
店主:悲しいのは愛娘のシュシュちゃん。
天才が溺愛しました。
しかし彼が没した翌年に短い生涯を閉じた。
この事を伝記で知り私は大泣きしました。
・・・・・。

2018年9月22日
静岡県 藤枝市 ワイン専門店





名曲鑑賞散歩

名曲鑑賞散歩

当店店主はワインとクラシック音楽に造詣が深い。
そんな私から・・・。


楽譜

遺跡や名所、名園を散策し楽しむ。
古地図片手に休憩はお茶とお団子だ。
横を見れば、八ちゃん・・・。
オイラは江戸っ子、その感じだ!!
同じ様にクラシック音楽を散策・・・。
難しい事は何もありません・・・。
フーガやソナタ形式何て後で勉強すればいい。
あなたの心で素直に鑑賞・・・。
それが名曲散策の楽しみ方です。
道案内は私が致します。
左右確認し安全安全・・・。
視界良好、ご気分如何・・・!!


名曲中の名曲。
それがチャイコフスキー最後のシンフォニーです。
あまりに有名で最近はあまり鑑賞しなかった。
しかし改めて鑑賞するとやはり凄すぎた。
ベートーヴェンにより確立された方程式。
苦難から歓喜へ・・・。
この作品は歓喜ではなく無の境地。
無なのか死なのか聴き手の判断である。
私の場合は時と場合や心境で都合よく解釈します。
初演後の謎の死・・・。
この死が更に作品に印象深さを与える・・・。

郷土の料理に郷土のワイン。
これが素直な合わせ方。
クラシック音楽も同じである。
チャイコフスキーの作品はロシアの指揮者とオケ。
ですからムラヴィンスキーに手兵レニングラード・フィル。
これは素晴らしい・・・。
ムラヴィンスキーはフランスにルーツがある。
しかしその生涯は旧ソ連である。
ロシアにフランスのエスプリが効き独自のサウンド。

そして久しぶりにイーゴリー・マルケヴィッチで鑑賞。
この天才も時代に埋もれなかなか聴く機会もない。
端正な演奏で少し面白みに欠ける。
その点が埋没した理由かもしれません。

クラシック音楽もワインも同じ。
シャンボール・ミュジニーも造り手で変わる。
また同じ造り手でもヴィンテージで違う。
クラシック音楽も同じである。
同じ作品でも指揮者が違えば響きは変わる。
また同じ指揮者でも演奏日で随分違う。
その辺りに面白さがあるのである。
名曲を改めて鑑賞・・・。

名曲を改めて鑑賞・・・。
また新たな発見が見つかりました。

2018年9月20日
静岡県 藤枝市 ワイン専門店




チェロ・コンサートを楽しむ。

チェロ・コンサートを楽しむ。

当店店主はワインとクラシック音楽に造詣が深い。
そんな私の楽しみは鑑賞・・・。


sssssssssssssssssssssssssss.jpg

浜松アクトシティ中ホールでのコンサート。
チェロ弾きの鬼才ミーシャ・マイスキー。
チェロの旧約聖書と言われるバッハの無伴奏チェロ組曲。
私が長年愛している作品、素晴らしかった・・・。
自分を内観したい時に鑑賞する必須作品。
言いたい!!言わせてくれ!!
難しいという心の垣根を取り払い聴いて欲しい。
これはバッハが後世に贈る偉大な作品です。

私はヴァイオリンを習う前はカザルスに憧れていたのでチェロを習いたかった。
しかし当時、田舎ではチェロの先生は身近にいなかった。

カザルス、ロストロポービッチ、フルニエ、マイスキーは名手である。
勿論、彼らをレコードで、それこそ擦り切れる程聴いた。
擦り切れるはもう死語に近い・・・。
今回、マイスキーだけは生で接する事ができ感動である。

一流の演奏家とは?
そんな疑問を解決してくれる演奏でした。
彼も70歳と演奏家としては味わいが出る。
テクニック以上に何かを感じる・・・。
鑑賞しながら、何かと考えた。
本人のカリスマ性、作品への愛情と洞察など多面である。

そして娘のリリーがピアノでショスタコーヴィチのチェロ・ソナタニ短調。
私が頻繁に鑑賞する作曲家である。
彼特有の皮肉さも感じながらの匙加減。
ソ連の独裁下で心得たものである。
チェロとピアノが激しく対峙したり協調したりと飽きさせない作品。

そして最後にチャイコフスキー。
長男のサーシャのヴァイオリンも加わり三重奏・・・。
有名な「偉大な芸術家の思い出に」。
正直、これが一番演奏が良かった。
特にヴァイオリンのサーシャは凄かった。
チャイコは大袈裟に表現されやすい。
しかし過度は表現は下品になる・・・。
その点を考慮し美音を響かせていた。

それにしても浜松は耳の肥えた聴衆がいる。
私の席の後ろではショスタコらしいね。
パールマンがこうでとか・・・。
席前ではマイスキー聴くのは数十年ぶりとか。
クラシック音楽斜陽の時代、愛好家がいて嬉しかった。
悲しいのは中学生や高校生らしい年齢が皆無であった。
やはりチェロは難しいと思われたのか・・・。
私の経験では、思春期程音楽を必要としている。
良き演奏に出会い今後の素晴らしい人生に役立てて欲しい。

2018年9月8日
静岡県 藤枝市 ワイン専門店



対談:個性派指揮者!!

対談:百戦錬磨の指揮者達!!

今回は指揮者編。
シェフに例えられ腕前は各々違う・・・。
指揮者の歴史は意外と浅い。
昔は大きな棒などでリズムを刻んでいた。
現在の指揮者の原型はメンデルスゾーンだと言われています。


Aさん:ワインとクラシックに造詣が深い教養人。
店主:幼少期からヴァイオリンを習い志す、愛器は1850年制ニコラ・ヴィヨーム。
百戦錬磨のソムリエ。


楽譜新

店主:私はフルトヴェングラーが一番です。
デーモニッシュな響きは彼特有の現象。
Aさん:私はカルロス・クライバーが好きです。
エーリッヒを父に持つサラブレッド。
エーリッヒの膨大な資料が息子であるカルロスに渡った。
これは最大の遺産ですよ。
店主:わかります。
カルロス・クライバーは研究を重ね緻密に構築する。
それはエーリッヒがあってこそです。
最近はエリアフ・インバルも好きです。
マーラー・ブームを牽引した実績があります。
ですが当時はまだ私は若く理解できなかった。
Aさん:マーラーは難しい。
しかし立派だと思う・・・。
苦悩しながらも当時は人気指揮者。
作曲しても評価はされなかった。
しかし信念から作曲。
今では頻繁に演奏されるその作品。
店主:私はカラヤンは嫌いです。
しかしキーシンと共演したチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番。
あれは素晴らしかった。
カラヤン最晩年・・・。
若きキーシンを老指揮者がやさしく包み込む。
鑑賞しながら涙がぽたぽた落ちた。
Aさん:チャイコのピアノ協奏曲ならトスカニーニとホロヴィッツは凄い。
指揮者+オケ対ソリストの構図。
火花散る演奏です。
店主:あっあれ凄いですね。
トスカニーニの娘婿のホロヴィッツ。
あの手の演奏は今は皆無です。
同じ作品でチェリビダッケとバレンボイムは奇演。
車工場で演奏したのが印象的。
Aさん:バレンボイムはピアニストより今では指揮者。
店主:私は東京芸術劇場で聴きました。
音楽に対して真摯な態度で感銘を受けました。
Aさん:クラシック音楽は演奏家の解釈が面白い。
店主:そうなんですよね。
ワインも同じブルゴーニュでも造り手が違うと味わいも違う。
それこそ同じドメーヌでもヴィンテージで違う。
クラシック音楽もまさにそれです。
Aさん:同じ文化ですからね。

2018年8月30日
静岡県 藤枝市 ワイン専門店



死ぬまでに飲みたい1本
baroro.jpg
これは飲むべき。
イタリアを制覇しろ!!
   【店舗ご紹介】

ピノ ノワール店主

Author:ピノ ノワール店主
静岡県藤枝市
ワイン専門店ピノ ノワール店主。
(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエ。
ワインとクラシック音楽に生涯をかけています。
近隣の焼津市、島田市、静岡市、浜松市や相良、御前崎からもご来店。
バッハからストラヴィンスキーまで幅広くクラシック音楽を溺愛。
自らもヴァイオリンを弾き人生に華を添えています。
そんな超個性豊かな店主ですが宜しくお願い致します。
銘器ヴィヨームと私
私がベートーヴェンのスプリング・ソナタを弾いている写真。(1991年)
1850年製の銘器 ニコラ・ヴィヨーム。
当店のHPは以下をクリックhttp://www.p-noir.com/

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
今月の1枚

  ブラームス
フルトヴェングラーの名演(LP)
1948年10月24日 ライブ録音
私の心の師ブラームス作曲
交響曲第4番 ホ短調
一聴きあれ!!
詳細は【クリック】
贈答用ワイン承ります。
ワインの種類は縦横無尽。
ですから、たくさんのワインから選べる楽しさがある。 知識、経験豊かな(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエが責任を持っておすすめワインをセレクト。
ソムリエ協会
【歴史】
創業明治37年
酒造業から酒類問屋を経て新たにワイン専門店としてがんばっております。
【クリック】
ブログ富士勢い
【会社情報】
ワイン専門店ピノ ノワール
(株)杉井隆治商店
創業明治37年
会社設立43年
平日:11:00~20:00
祝日:11:00~19:30
定休日:水曜
   :第二火曜日
【便利】
各種カード対応。
ポイントを貯める。
高額ワインは数回に分けての支払いもできます。
カード
【地図】クリック!!
藤枝市城南2-8-8
地図
【必須アイテム】The Durand
古酒に便利。
一家にお一つ!!
あける
【お知らせ】
★ 好評発売中
この季節はシャンパーニュ!!
贈答用としても最適。
コラン
洗練されたブランド ブラン
¥8,980(税込)
2017年1月28日
【営業日】
2018年9月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
は定休日です。
水曜日は定休日
第四週の火曜日は定休日
検索フォーム
QRコード
QR