FC2ブログ

芸術三昧

芸術三昧

文化度の高い生活をご提案。
ワインに付加価値を付けてご提案。


bbbbbbbbbbbbbqwjojdqw.jpg

19世紀のクラシック音楽を牽引したベートーヴェン。
20世紀のクラシック音楽を華やかにしたストラヴィンスキー。
その作風を巧みに変えた。カメレオンと言われる所以だ。
ですから生涯を追っての鑑賞は醍醐味がある。
中でもバレエ音楽春の祭典は傑作中の傑作。

緊迫感のある拍子や音色。
太古の儀式の鮮烈な描写。
木管楽器の巧みな演出。
それは何も木管だけではなく弦楽器。
そして金管楽器、打楽器まで全てに対してだ。

初演はピエール・モントゥー指揮。
1913年5月29日。
シャンゼリゼ劇場であった。
演奏後は賛否で荒れた。
私はモントゥー指揮で別の録音を所有している。
おどおどしく生々しい存在感のある表現。

時代は下り現代。
だいぶ洗練されスマート。
1972年11月、75年2月録音。
クラウディオ・アバド指揮。
ロンドン交響楽団。

悲しいのは亡き指揮者になってしまった。
アバドはベルリン フィルと蜜月関係を維持。
良好な関係であったと思う。
しかしその天分を精一杯発揮できなかったと思う。
その点、若き日に指揮したロンドン交響楽団は冴えている。

意外とブルゴーニュが合う。
あくまでも個人的にですが・・・。

★ 2015 ラドワ 1ER ラ コルヴェ
  ラヴォー ガストン エ ピエール
  当店販売価格¥8350(税込)

当時に衝撃作品も今や名曲。
素晴らしいブルゴーニュの1級畑と楽しむ。
味わいに定評ある造り手だからこその選択。
やはり感性が揺さぶられる・・・。

2019年9月16日

スポンサーサイト



ラヴェルのピアノ協奏曲とピノ ノワール

ラヴェルのピアノ協奏曲とピノ ノワール

ワインがある生活だからこそクラシック音楽を。

フランスの作曲家は才能、個性が多彩である。
その中でもフランス音楽の雄と言えばどビュッシーとラヴェルであろう。
ラヴェルはインスピレーションから作品が創作される。
絵画であったり詩であったり様々である。
彼の重要作品である交響詩「海」。
葛飾北斎の浮世絵が影響していると言われる。
因みにベートーヴェンは自然から影響を受けた作曲家。
彼の散歩好きは有名。
ドビュッシーがピアノ・コンチェルトを書かなかったのに対し、
ラヴェルはとてつもない名曲を二曲残した。
戦争のために右手を失ったピアニストの為に作曲した作品。
それが後世でも傑作の誉れ高い、左手のためのピアノ協奏曲。
そして死の6年前の作品それがピアノ協奏曲 ト長調だ。
数々あるピアノ・コンチェルトの中でも素晴らしい出来である。
初めて聴いただけでも夢中になる作品である。
ですからクラシック音楽初心者の方でも十分堪能できる。
特に終楽章は、ガーシュインのラプソディ・イン・ブルーのように
ジャズの影響が色濃い。
サンソン・フランソワはラヴェルも得意としていた。
煙草、酒、女性そしてジャズを愛したフランソワの感性には合う。
ラヴェルのピアノ・コンチェルトを流しながら、ピノ ノワールを頂きたい。

bbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbjiij.jpg

★ NV ザ スーツケース
  ドゥリュー
  ピノ ノワール
  米国 カリフォルニア メンドシーノ
  当店販売価格¥5210(税込)
  
カリフォルニア最北の産地メンドシーノ。
昔は人も住まない寒冷地であったと言う。
今ではその気候を生かしピノ ノワールやシャルドネの聖地。


ラヴェルの濃密で革新的であり洗練された作品にはブルゴーニュより
カリフォルニアのピノ ノワールがいい。


★ ラヴェル作曲
  ピアノ協奏曲ト長調
  サンソン・フランソワ
  1960年7月 サル・ワグラムで録音

ラヴェルと感性豊かなピノ ノワールはいいね。

2019年9月15日

ヴァイオリン協奏曲と感性あるワイン

ヴァイオリン協奏曲と感性あるワイン

静岡に台風が近づいている・・・。
そんな中でも私のマリアージュは進む。
TVで熱心にパーヴォとN響鑑賞。
そしてワインの夕べ・・・・。
時折、台風の字幕とアラームで今が台風なのだと思い知らされる。


aaaaaaaaaaaaaaaakookkooko.jpg

パーヴォは清潔な演奏で深みが足りない。
しかし選曲能力は素晴らしい。
歴代のN響の音楽監督では随一。
今回もその選曲は感動的だった。

バッハ
(ウェーベルン編)リチェルカータ

ベルク
 ヴァイオリン協奏曲「ある天使の思い出のために」

ブルックナー
 交響曲 第3番 ニ短調(第3稿/1889)

シェーンベルク、ベルク、ウェーベルン。
この3人は現代音楽に多大な影響を与えた。
リチェルカータ も素晴らしかった。

そしてギル・シャハムのヴァイオリンでベルク。
12音技法を取り入れた傑作。
しかし背景には悲しき出来事がある。
その何とも言えない重い空気を感じる。

最後にブルックナーの第3番。
私の愛聴盤はクナッパーツブッシュである。
人間臭さを感じる素朴な演奏。
一度聴いて下さい。
パーヴォはこの作品を得意としている。
まだまだ後期の作品と違い粗々しい内容。
しかしパーヴォの指揮でバランスが整い好演。

ワインはルーウィンだ。
内容が充実した素晴らしいワイン。
マーガレット・リヴァーを世界に知らしめた。

★ 2015 アート シリーズCS
  ルーウイン エステート
  カベルネ・ソーヴィニヨン97%
  マルベック3%
  当店販売価格¥8130(税込)

濃厚ながら感性あるバランスの良いワイン。
ベルクの作品はマーラーの夫人アルマ。
そのアルマがマーラーの死去後の再婚相手との子供。
ベルクもかわいがった子供の死。
それがベルクに強烈なインスピレーションを与えた。
彼自身も初演後に亡くなるという悲運。
対してワインは開放的で悲しい感情を包込む。
これぞマリアージュだ!!

2019年9月12日

バレエ音楽 春の祭典とイタリアワイン

バレエ音楽 春の祭典とイタリアワイン

当店店主の趣味は高尚。
自分で言うのは恥ずかしいが・・・。
そんな私ならではの素敵なマリアージュ。
合うか合わないかお試しアレ。
因みに私は幸せと満足感に満たされます。


aaaaaaaaaaaaauuuhuu.jpg

バレエを楽しむ。
ストラヴィンスキーの春の祭典。
2008年6月にロシアで開催された白夜祭。
しかも伝説の振付師ニジンスキーが原振付。
ニジンスキーはロシア音楽の書籍を読んでいると登場する。
ですから、どんな人物か興味があった。

★ ストラヴィンスキー作曲
  バレエ音楽 春の祭典
  一言:バレエ音楽の最高峰でしょ!!

原振付: ワツラフ・ニジンスキー
振付復元: ミリセント・ホドソン

いけにえの娘: アレクサンドラ・イオシフィディ
長老: エレナ・バジェーノワ
賢人: ウラディーミル・ポノマレフ

これまで、音楽のみで鑑賞であった。
しかしバレエを伴い鑑賞。
明らかに素晴らしかった。
元人類は、このようなミステリアスな環境であったのかもしれない。
初演時の衣装を写真で見た事があった。

1913年の初演時は賛否が渦巻いた。
クラシック音楽史上これ程、騒がれた事はなかった。
現在でも斬新な作品。
一部の進歩的な聴衆のみ理解できたのかもしれない。

ワインはトスカーナ最高峰。
いやいや世界の最高峰・・・。
ヴィーノ ノビレ ディ モンテプルチアーノだ。

aaaaaaaaaaaaahuhuuhuqw.jpg

★ ノービレ ヴェッキエ ヴィーティ デル サルコ
  サルケート
  当店販売価格¥11900(税込)

ラズベリーのコンポートに甘草、灌木のニュアンス。
印象的な果実味でほんのりスパイシーさを伴う。
飲み手にじんわりと感動を呼ぶ感性ある仕上がり。

2019年9月7日

名演と銘ワイン

名演と銘ワイン

何と素晴らしいタイトルだ!!
自画自賛&自画自賛!!

クラシック音楽の名演
ボルドーの銘ワイン・・・。


両方を熟知した私・・・。
渾身のマリアージュだ

aaaaaaaaaaaaaaaauiuiuiux.jpg

ストラディヴァリウス!!
違う違うヴァイオリンの超銘器は!!
グァルネリ・デル・ジェズでしょ!!
グァルネリ・デル・ジェズでしょ!!
グァルネリ・デル・ジェズでしょ!!

あの霊的な響き。
あの魅惑的な音色。
変化する響き。
デーモニッシュな響き。

それはバルトロメオ・ジュゼッペ・アントーニオ・グァルネリの生き様を表現している。
やはりヴァイオリンは相性がある。
ストラド派とグァルネリ派。
グァタニーニ派と実は多彩。

私が尊敬するアイザック・スターン。
彼はグァルネリ派だ。
俺の聴覚もグァルネリ派だ!!

★ ラロ
  スペイン交響曲

  アイザック・スターン
  オーマンディ 指揮
  フィラデルフィア管弦楽団
  1967年 録音

最盛期のフィラデルフィアの響き。
とろけるとうな色彩。
オーマンディは模範的なシェフである。
あ~昔のオケは独自の音も持ったいた。
今は金太郎飴で興味ない。
それは演奏家も同じじゃい。
コンクールで金太郎飴状態。
どこを切っても同じという事。
まだ飴の方がおいしいよ!!

ワインはサンテミリオン。
2012年にプルミエ・グラン・クリュ・クラッセBに昇格。
昇格前の実力を蓄えつつある2007年だ。
文句あるか!!
文句あるなら・・・。
決闘だ!!砂漠の真ん中でだ!!
水を一滴も口にしないで・・・。
服の重ね着で男の勝負だ!!
無論、弱音は厳禁、少しでもふらついたら負け。
これぞ、これぞ決闘&決闘じゃ・・・!
それか流氷の上で笑顔でかき氷を喰う。
味はストロベリーでもメロンでもあずきでもいい。
おすすめは素のままだ・・・!!
頭がツ~ン、ツ~ンとなったら挙手だ。
挙手が早い方が勝ちだ!!
これも、これも格闘技だ!!

★ 2007 シャトー・ラルシ・デュカス
  当店販売価格¥10950(税込)
 

熟成とは素晴らしい。
ポテンシャルを高め極める。
ブーケの香りが広がり。
落ち着いた果実味に酔う。
ヴァイオリンの響きと共鳴。
これぞ芸術を愛するマリアージュだ。

2019年9月1日
死ぬまでに飲みたい1本
baroro.jpg
これは飲むべき。
イタリアを制覇しろ!!
   【店舗ご紹介】

ピノ ノワール店主

Author:ピノ ノワール店主
静岡県藤枝市
ワイン専門店ピノ ノワール店主。
(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエ。
ワインとクラシック音楽に生涯をかけています。
近隣の焼津市、島田市、静岡市、浜松市や相良、御前崎からもご来店。
バッハからストラヴィンスキーまで幅広くクラシック音楽を溺愛。
自らもヴァイオリンを弾き人生に華を添えています。
そんな超個性豊かな店主ですが宜しくお願い致します。
銘器ヴィヨームと私
私がベートーヴェンのスプリング・ソナタを弾いている写真。(1991年)
1850年製の銘器 ニコラ・ヴィヨーム。
当店のHPは以下をクリックhttp://www.p-noir.com/

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
今月の1枚

  ブラームス
フルトヴェングラーの名演(LP)
1948年10月24日 ライブ録音
私の心の師ブラームス作曲
交響曲第4番 ホ短調
一聴きあれ!!
詳細は【クリック】
贈答用ワイン承ります。
ワインの種類は縦横無尽。
ですから、たくさんのワインから選べる楽しさがある。 知識、経験豊かな(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエが責任を持っておすすめワインをセレクト。
ソムリエ協会
【歴史】
創業明治37年
酒造業から酒類問屋を経て新たにワイン専門店としてがんばっております。
【クリック】
ブログ富士勢い
【会社情報】
ワイン専門店ピノ ノワール
(株)杉井隆治商店
創業明治37年
会社設立43年
平日:11:00~20:00
祝日:11:00~19:30
定休日:水曜
   :第二火曜日
【便利】
各種カード対応。
ポイントを貯める。
高額ワインは数回に分けての支払いもできます。
カード
【地図】クリック!!
藤枝市城南2-8-8
地図
【必須アイテム】The Durand
古酒に便利。
一家にお一つ!!
あける
【お知らせ】
★ 好評発売中
この季節はシャンパーニュ!!
贈答用としても最適。
コラン
洗練されたブランド ブラン
¥8,980(税込)
2017年1月28日
【営業日】
2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
は定休日です。
水曜日は定休日
第四週の火曜日は定休日
検索フォーム
QRコード
QR