FC2ブログ

対談:ワインとクラシック音楽を嗜む

対談:ワインとクラシック音楽を嗜む

Gさん:古参の常連様、文化度が高い教養人
店主:ヴァイオリンを習い志す


296.jpg

店主:ワインとクラシック音楽を楽しむ。
それは楽しい発見が多いです。
同じ文化で育まれたので共鳴します。
Gさん:しかし・・・。
ワインはともかくクラシック音楽は敬遠される。
コンサート会場も中高年ばかりですよね。
昔は学生も多かったけどね・・・。
店主:そうですね・・・。
まずはワインから・・・・。
ワイン屋ですからワイン好きが集まります。
ワインを知りたいという初心者の方も多いです。
そんなお客様に丁寧にアドバイスをして常連様になって頂く。
それが当店の方針で、結果長く営業できております。
クラシック音楽は好みのジャンルの一つです。
ですから好き嫌いでいいと思います。
確かに苦手な方が多いジャンルです。
難しい・・・のイメージを打破するのは難しい。
ですけれど長い歳月を要するクラ音ですから知れば面白い。
例えば序曲など小品を聴く・・・。
Gさん:昔はレコードでベートーヴェンの第5番にエグモント序曲とかあった。
意外と序曲が良かったりしたね。
序曲ではなく前奏曲とかもいい。
有名なのはワーグナーのマイスタージンガーだね。
店主:昂揚感がありますね。
全曲鑑賞しましたが、意外とワーグナー節全開。
ですから前奏曲で満足するのも手です。
シューマンの作品もいいです。
マンフレット序曲とか・・・。
フルトヴェングラー指揮が素晴らしい。
内面に豊かさを感じる演奏です。
ブルゴーニュの古酒と合わせると感動です。
ACブルあたりでも十分です・・・。
ウェーバーの序曲・・・。
オイリアンテとか魔弾の射手ですね。
後者とバローロは相性がいいです。
ネッビオーロの魅惑は、物語的に魔弾の射手とも抜群。
Gさん:そう考えていくと多彩な組み合わせが生まれる。
ピノさんが熱心なのもわかる・・・。
今夜はドビュッシーとシャンパーニュでも楽しむかな。
何かいいのある・・・・?

2019年7月15日
スポンサーサイト

ワインとクラシック音楽あいうえお

ワインとクラシック音楽あいうえお

当店店主はワインとクラシック音楽に造詣が深い。
あの魅惑の世界は知れば知るほど魅力的だ。
ですからご紹介致します・・・。


aaaaaaaaaaaaaaaaasaaasajii.jpg

グスタフ・マーラー。
現在、重要な作品である。
特にシンンフォニーは人気。
自宅でも大音量で聴くオーディオマニアは多い。
やはり多彩な色彩はガンガン鳴らすに限る。

しかしだ。
その内容は濃い。
第2番、復活は交響曲に声楽を持ち込む。
それは先人ベートーヴェンを意識した。
クラシック音楽で泣きたい・・・。
そんな方必聴!!

中期の傑作第5番。
時代や民族を背負ったマーラー。
模索しながら進む・・・。
気合の入ったテンシュテット指揮がいい。

そして最高潮に達した第6番。
マーラーに天上からのインスピレーション。
グングン湧き上がる構想。
それを素直に表現。
サイモン・ラトル指揮、ベルリン・フィルは凄い。

そしてこの時期、お中元・・・。

★ エル エ セ ポワトゥ シャルドネ

★ エル エ セ ポワトゥ ピノ ノワール

仏蘭西物としては、まあまあのデザイン。
イタリアのラベルはうっとりします。
お国柄がワインに反映され面白い。
意外とスペインはユニークでこれもいい。

2019年7月8日

ワインとクラシック音楽

ワインとクラシック音楽

店主はワインとクラシック音楽に造詣が深い。
普段は寡黙な私・・・・。
しかし時に語らせてくれ!!
大好きなワインと音楽をさ!!


まずはクラシック音楽。
その出会いは衝撃的でした。
現在でも田園調布の駅前で開業されている歯科の先生。
親戚であり若い頃は色々教えて頂いた。
自宅の地下が音楽ルーム。
私にとってエルサレムである。
防音の部屋にタンノイのスピーカー。
回りはレコードで囲まれていた。
真空管アンプの温もり・・・。
そこで数々の名演を贅沢にも先生の解説付きの特典。
世界をまだ知らない子供であった私に同じ目線で接してくれた。
フルトヴェングラー、マリア・カラス・・・。
ハンス・ホッターやワーグナーをそこで知る。
その延長線上でヴァイオリンを習い始めた。
ですから現在の人間形成はその先生の影響がある。

昨日はフルトヴェングラー指揮で運命。
言いたくはないが運命・・・。
ベートーヴェンの交響曲第5番である。
標題音楽ではないので運命は違うのだ。
それはレコードを売る過程で無理に付けた標題。
色褪せないフルトヴェングラーの演奏である。

そしてワインはイタリアワイン。
多彩なイタリアはソムリエがいる店がいい。
と言うかソムリエがいるのは極普通。

イタリアワインに君臨するワイン。
それはブルネロ ディ モンタルチーノである。
世界のワイン愛好家を感激させたワイン。
百花繚乱なワイン。
ですから目利きも大切。
お近くのお店のソムリエの意見を聞くべきだ!!

【贈答におすすめ】

★ 2012 ブルネロ ディ モンタルチーノ リゼルヴァ
  ポジョ ランディ


aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaakoksokdokdsqs.jpg


★ 2013 ブルネロ ディ モンタルチーノ

aaaaaaaaaaaaaajijijij.jpg

2019年7月1日

天才ストラヴィンスキーと伊ワインで感服

天才ストラヴィンスキーと伊ワインで感服

当店店主はワインとクラシック音楽に造詣が深い。
そんな私から素敵なマリアージュ


llllllllllllllllllllssqsq.jpg

ロシア物とワイン。
何故かストラヴィンスキーとイタリアワイン。
これが不思議なマリアージュでした。

期待したパーヴォ・ヤルヴィの春の祭典。
記憶が正しければパリ管弦楽団でも演奏した。
この時もご本人はともかく私は感心しなかった。
初演したモントゥーが後に録音した演奏は薄気味悪く先時代を醸す。
おどどしく怪奇的である・・・。
パーヴォのクリーンな響きは作曲家の意図とは離れている。
やはりゲルギエフは最高の春の祭典の指揮者。
そして小澤征爾氏の春の祭典も素晴らしい。
この事は村上春樹氏と小澤氏の対談でも語られている。

春の祭典はロシアの先時代の生贄や風土を表す作品。
やはりクリーンなスタイルのパーヴォでは足らん。
今回のN響でもその短所が表れていた。
生贄の踊りはもっと熱して欲しかった。
しかも生臭くだ!!これがストラヴィンスキーの意図だ。
演奏後の拍手が結果を語っている。
久し振りに若い聴衆も多くいたのにね・・・・。

★ 天才ストラヴィンスキー作曲

  春の祭典

  パーヴォ・ヤルヴィ指揮
  NHK交響楽団

イタリアワインは多彩。
ソムリエがいるお店で購入したい。

マルケのワイン。
土着品種のラクリマ100%。
造り手のサン ロレンツォのソール・レオーネは旨かった。
モンテプルチアーノの使い手の評を裏切らない味わい。
ではではのラクリマ。
この品種は重くなるない・・・。
そして瑞々しい香りが身上の心地良さがある。

lllllllllllllllllllllllllllll.jpg

★ パラディーゾ
  サン・ロレツォ
  当店販売価格¥5400(税込)

ザクロやすみれの香り。
軽やかな口当たりで爽やかさすらある。
春の祭典の熱っぽい作品に添う。
私ながら素晴らしいチョイスだ。
拍手喝采万歳、大地讃頌!!
またハーブやスパイスのニュアンスも若干感じる。
ライト~ミディアムのボディーながら味わいもしっかりある。
イタリアはサンジョヴェやネッビオーロだと頑なな人に飲んで頂きたい。

この蒸し暑い時期に楽しめる1本です。

2019年6月10日

印象派と極甘ワインの傑作で大涙の私

印象派と極甘ワインの傑作で大涙の私

当店店主はワインとクラシック音楽に造詣が深い。
普段はソナタ形式の音楽ばかり鑑賞している私。
印象派の作品は新鮮に感じる。

qqqqqqqqqqqqqqqqqq.jpg
ドビュッシーの傑作、牧神の午後への前奏曲。
フルートが重要なポデション。
ベルリン・フィルの首席マチュー・デュフォーが印象的。
パリ生まれでシカゴ交響楽団でも首席・・・。
と経歴は素晴らしい。

先日、オルセー美術館で行われライブ録画で楽しむ。
演奏日は2019年5月1日。
ダニエル・ハーディング指揮・・・。
ベルリン・フィル。

マチュー・デュフォーはラトルお気に入りのフルート奏者。
上品さを備えた素晴らしい音色。
日本のファンも多いと思う。

牧神の午後への前奏曲は短い演奏時間。
しかし洗練された色彩感と時間の経過。
僅かな演奏時間だが版比例するかの様に流れる時間は雄大。
端的に言えば、ドビュッシーの詩的作品に時が加わる。

久し振りに極甘・・・。
ドビッシーのまどろんだ作品に添う。

★ 貴腐、リンクルド リースリング
  ダーレンベルグ
  南豪州
  当店販売価格¥2684(税込)

あんずのコンポート、蜜のニュアンスに貴腐香。
濃厚な味わいで酸と甘味が絶妙に絡む。
やはりリースリングは気品も忘れない。

あ~ワイン好きでクラシック好きで良かった。
この感動マリアージュを心底感じる。

2019年6月8日
死ぬまでに飲みたい1本
baroro.jpg
これは飲むべき。
イタリアを制覇しろ!!
   【店舗ご紹介】

ピノ ノワール店主

Author:ピノ ノワール店主
静岡県藤枝市
ワイン専門店ピノ ノワール店主。
(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエ。
ワインとクラシック音楽に生涯をかけています。
近隣の焼津市、島田市、静岡市、浜松市や相良、御前崎からもご来店。
バッハからストラヴィンスキーまで幅広くクラシック音楽を溺愛。
自らもヴァイオリンを弾き人生に華を添えています。
そんな超個性豊かな店主ですが宜しくお願い致します。
銘器ヴィヨームと私
私がベートーヴェンのスプリング・ソナタを弾いている写真。(1991年)
1850年製の銘器 ニコラ・ヴィヨーム。
当店のHPは以下をクリックhttp://www.p-noir.com/

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
今月の1枚

  ブラームス
フルトヴェングラーの名演(LP)
1948年10月24日 ライブ録音
私の心の師ブラームス作曲
交響曲第4番 ホ短調
一聴きあれ!!
詳細は【クリック】
贈答用ワイン承ります。
ワインの種類は縦横無尽。
ですから、たくさんのワインから選べる楽しさがある。 知識、経験豊かな(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエが責任を持っておすすめワインをセレクト。
ソムリエ協会
【歴史】
創業明治37年
酒造業から酒類問屋を経て新たにワイン専門店としてがんばっております。
【クリック】
ブログ富士勢い
【会社情報】
ワイン専門店ピノ ノワール
(株)杉井隆治商店
創業明治37年
会社設立43年
平日:11:00~20:00
祝日:11:00~19:30
定休日:水曜
   :第二火曜日
【便利】
各種カード対応。
ポイントを貯める。
高額ワインは数回に分けての支払いもできます。
カード
【地図】クリック!!
藤枝市城南2-8-8
地図
【必須アイテム】The Durand
古酒に便利。
一家にお一つ!!
あける
【お知らせ】
★ 好評発売中
この季節はシャンパーニュ!!
贈答用としても最適。
コラン
洗練されたブランド ブラン
¥8,980(税込)
2017年1月28日
【営業日】
2019年7月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
は定休日です。
水曜日は定休日
第四週の火曜日は定休日
検索フォーム
QRコード
QR