FC2ブログ

対談:グスタフ・マーラー

対談:グスタフ・マーラー

今日、盛んに演奏されるグスタフ・マーラー。
しかし先駆者あってこそである。
ワルターやクレンペラーが指揮した時代。
そしてバーンスタイン、インバルの登場。
やはりワルター、クレンペラー、バーンスタインはマーラーと同じユダヤ人であり得意とした。
特にワルター、クレンペラーは直接マーラーと出会い感化されている。
そして今やプログラムに欠かせない存在。

fefeeffefefefefefggbg.jpg

Aさん:当店通い歴6年、クラシック音楽通。
店主:幼少期からヴァイオリンを習い志す。経験豊かなソムリエ。


店主:テンシュテットのマーラー交響曲全集。
これは品質が高いです。
しかもスタジオ録音そしてライブもあります。
Aさん:彼は個性的であのフルトヴェングラーに例えられるね。
店主:テンシュテットは亡命し様々なオケを指揮。
しかしチェリビダッケと同じで人間関係の調整能力に乏しい。
そして遂に永遠の恋人と出会います。
ロンドン・フィルですね。
これは相思相愛です。
この点もチェリに類似しています。
Aさん:テンシュテットは癌に犯される。
しかしそれでも指揮を貫いた。
店主:この全集は病気前と後の録音もあります。
ですから心境の変化がわかります。
Aさん:芸術家は心境の変化が作品に表現される。
その点も鑑賞の聴き所だね。
店主:そうです・・・。
初期の録音、第1番。
ストレートな表現で聴きやすいです。
やはりマーラーは第2番、復活が素晴らしい。
Aさん:作品自体が長大で神聖。
ですから名演が多いよね。
シューリヒトなんか涙物だよ。
店主:近年ではヤルヴィ指揮でN響も素晴らしかった。
Aさん:ピノさんがN響を評価するなんて珍しいね。
店主:そうかもしれません。
そしてこの全集は大地の歌も入っています。
懐かしいアグネス・バルツァのコントラルトです。
Aさん:カラヤンの薫陶を得た歌手ですね。
店主:彼女はいつのまにか姿を消した。
大地の歌はバーンスタインのリハーサルをTVで見た。
音楽がうねり素晴らしかった。
Aさん:もう古い解釈になっている。
クレンペラーは未だに色褪せないのにね。
店主:クランペラーは哲学的。
ですから時代を超越しています。
Aさん:クラシック音楽をじっくり楽しむ。
素晴らしい時間だよね。
店主:今の若者にも聴いて頂きたい。

2018年8月18日
静岡県 藤枝市 ワイン専門店



スポンサーサイト

対談:天才メンデルスゾーン

対談:天才メンデルスゾーン

クラシック音楽史上に天才の名を残すメンデルスゾーン。
彼は38歳の若さでこの世を去る。
これからが楽しみなロマン派の作曲家でした。
彼について店主と常連様との会話をお楽しみ下さい。


楽譜2

Aさん:当店通い歴6年、クラシック音楽通。
店主:幼少期からヴァイオリンを習い志す。経験豊かなソムリエ。


店主:早熟ですよメンデルスゾーンは・・・。
彼は若くして完璧でした。
Aさん:モーツァルトの様に天才の片鱗を魅せた。
店主:モーツァルト以上です。
まず基本背景がぜんぜん違います。
また人種も違う。
モーツァルトの時代は作曲家はただの音楽家。
マリア・テレジアの前で演奏したからと言ってもです。
彼女はただ子供が上手に演奏する、程度に思った。
モーツァルト自身も作品を芸術とは考えていません。
しかしメンデルスゾーンは完全に作品を芸術としていた。
そして彼は何より先人を敬う謙虚さすらあった。
当時、忘れられていたバッハを復活させた。
彼はユダヤ人としての苦悩もありながらも最高の環境にあった。
優秀な家系で祖父は哲学者で父は銀行家。
そして妹も作曲の才能は素晴らしい。
まだ女性が進出できない時代。
ですから現在でしたら大活躍したと思います。
シューマンの妻のクララ、彼女はピアニストとして活躍しました。
同じ19世紀でも前中後期で随分違います。
Aさん:だよね。
現代だってそうだ。
私が中学生の頃は丸刈りだった。
小学生の時は髪はふさふさで中学で刈る。
本当に嫌だった。
まだ日本は戦時教育が色濃く残っていた。
店主:わかります。
スポーツは語源からもわかる様に楽しいと教えるのが基本。
ですが、水を飲むなとか腕立て何千回とか。
スポーツに精神論を当てはめて指導する。
これは、もう無茶苦茶、はっきり言えば歪。
あっ本題へ戻ります。
メンデルスゾーンが14歳の作品、ヴァイオリンとピアノのための協奏曲ニ短調。
アシュケナージ指揮、庄司紗矢香のヴァイオリン、オラフソンのピアノ。
素晴らしかった・・・。
ベートーヴェンを模倣している箇所もありますが、14歳の男の子が作曲したとは思えません。
Aさん:最近、庄司さんのヴァイオリンの音色変わったよね。
店主:そう思います。
以前よりG線が深くE線もより甘美になった。
思う楽器に出会ったのかもしれません。
ヴァイオリンとの相性はありますからね。
誰だか忘れましたが、有名なストラド弾きがグァルネリを弾いたら思う表現が出来なかった。
Aさん:本日も一生分の話をしました。

2018年8月13日
静岡県 藤枝市 ワイン専門店



ブラームスの作品と泡

ブラームスの作品と泡

当店店主はワインとクラシック音楽に造詣が深い。
ですから日々探究・・・、そんな私。


私が敬愛するヨハネス・ブラームス。
私は中学生の時から変わらぬ姿勢を貫く。
もう言ってしまう、偏愛ですらある。
かわいいヨハネス君は北ドイツのハンブルクで生まれた。
とても裕福とは言えない家庭。
ですから酒場でピアノを弾く。
苦労は買ってでもしろ、の言葉を正に実践。
実践というかやむを得ず、ですね。
何よりドイツを土台に哀愁を帯びた旋律は風土の賜物。
がっしりとした構築は彼の人柄を表す。
オペラは作曲せずに純音楽にこだわった。
偏愛の私としては彼のオペラを聴きたかった。
しかし、彼がそんな不純な作品を残したのなら愛は薄まったと思う。
オペラは現在の映画である。
舞台上で音楽を伴いながら演じられる。
また上流階級の社交場でもあった。
20世紀に入り映画産業が盛んになると衰退した・・・。
その映画ですらネットなど様々な媒体により衰退。
文化とは繁栄と衰退を繰り返すのかもしれない。
愛や不倫のテーマが多いオペラ。
彼が純音楽のみを作曲したのは一つの特徴である。
彼自身はクララとの関係・・・。
当時、どこまでの関係であったのかはわからない。

傑作、アルト・ラプソディとワイン。
最高のマリアージュの図式。
作品が悲しくもあり力を帯びている。
そんな時は気軽に流せるワインがいい。
スパークリングワインですね。
そう甘味をほんのり感じるタイプでね。

アイス モスカート ドライだ!!
fefefefefefefef.jpg

アルト・ラプソディの私的見解を少しだけ述べさせて。
所謂、失恋ソングである。ただし詩はゲーテ作。
シューベルトの代表作、冬の旅。
実はこれも失恋ソングです。
しかもリートの傑作中の傑作。
しかし暗い暗い作品、やはり暗い男はもてない!!
ブラームスの作品は立ち直る気持ちがある。
そして合唱を伴い包み込まれる、完璧でしょ。

おすすめ音源はクレンペラー指揮。
クリスタ・ルートヴィヒのメゾ・ソプラノ。
1962年3月 録音

2018年8月10日
静岡県 藤枝市 ワイン専門店





対談:敬愛するドビュッシー

対談:敬愛するドビュッシー


お蔭様でワイン専門店ピノ ノワールは11年。

楽譜

Aさん:当店通い歴6年、クラシック音楽通。
店主:幼少期からヴァイオリンを習い志す。経験豊かなソムリエ。


店主:私はドビュッシーが好き。
右脳を刺激する彼の作品。
素直に鑑賞する事がドビュッシーを制覇する秘訣。
個性的である意味短絡的な彼、お葬式の参列者は最終20人とベートーヴェンと比べるとあまりに寂しい。
しかし、あなたの才能は現在花開いていますよ。
久ぶりにアシュケナージ指揮、N響。
没後100年のクロード・ドビュッシーの作品を録画鑑賞。
Aさん:久々だねアシュケーナージは・・・。
彼はピアニストとして一流そして指揮活動もする。
店主:バレンボイムはじめピアニストが指揮者をするのは多い。
他の楽器でも同じです。
アーノンクールは元々ヴァイオリニストでした。
Aさん:才能ある人はやはり他分野をチャレンジするね。
店主:しかしアシュケーナージはやはりピアニスト。
指揮者としては、ある意味凡庸です。
Aさん:ドビュッシーは色彩感あるよね。
店主:色彩感と時を感じます。
牧神の午後への前奏曲、これは近代音楽の頂点。
ゆるやかに進む時間、そして情景。
端的に表している。
Aさん:交響詩「海」も凄い。
店主:日本の浮世絵に影響を受けた。
ですから何だか浮世絵的でもある。
ドビュッシーは親戚に船乗りがいて彼に憧れを抱いていた。
ですから波の表現一つも多彩。
恥ずかしながら若い頃はドビュッシーの良さは理解出来なかった。
しかし、あの描写の素晴らしさに驚いた。
絵画で言えばモネの作品に通じる。
「印象、日の出」、細かな色合いが絶妙に重なり造詣されている。
Aさん:印象派の音楽を代表するドビッシー。
やはり音楽と絵画は通じる。
店主:そもそもクラシック音楽も絵画もワインも文学もお互い刺激し合っている。
私はワイン、クラシック音楽、文学が好きなのでよくわかります。

★ ドュッシー作曲
  ピアノと管弦楽のための幻想曲

★ 牧神の午後への前奏曲

★ 交響詩 海

  アシュケナージ指揮
  NHK交響楽団
  ジャン エフラム パウゼ ピアノ
  2018年6月9日 ライブ録画

2018年8月9日
静岡県 藤枝市 ワイン専門店


書籍:骨と墓の考古学

書籍:骨と墓の考古学

毎月、数多くの書籍を乱読する私。
タイトルから興味が沸く場合や趣味から派生して購入する場合。
また、暇潰しに購入する場合と様々です。
そんな乱読人間の私が、ご推薦する書籍は考古学。


jjjiiijijijiji.jpg

歴史が好きな私。
必然的に出会った運命の書籍。

★ 骨と墓の考古学
  谷畑美帆 著
  角川ソフィア文庫
  おすすめ度:★★★★★

建設作業中に骨が出土。
状態が良ければ脳みそもまだ残っている。
骨に残る跡もあれば残らない跡もある。
そこから過去の病気や社会状態を考える。

日本人は江戸時代の時が一番低身長だったと言います。
食肉が基本禁止されていたのが一要因。
また栄養源が偏り病気も横行。
しかし完璧なまでの下水処理。
具体的には汚物は肥料でリサイクル。
同じ頃のロンドンはテムズ川に流し放題でコレラが蔓延。
江戸は世界屈指の人口を抱えながら整備された巨大な都市。
東京を散策しながら悠久の時を感じるのもいいね。

2018年8月3日
静岡県 藤枝市 ワイン専門店





死ぬまでに飲みたい1本
baroro.jpg
これは飲むべき。
イタリアを制覇しろ!!
   【店舗ご紹介】

ピノ ノワール店主

Author:ピノ ノワール店主
静岡県藤枝市
ワイン専門店ピノ ノワール店主。
(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエ。
ワインとクラシック音楽に生涯をかけています。
近隣の焼津市、島田市、静岡市、浜松市や相良、御前崎からもご来店。
バッハからストラヴィンスキーまで幅広くクラシック音楽を溺愛。
自らもヴァイオリンを弾き人生に華を添えています。
そんな超個性豊かな店主ですが宜しくお願い致します。
銘器ヴィヨームと私
私がベートーヴェンのスプリング・ソナタを弾いている写真。(1991年)
1850年製の銘器 ニコラ・ヴィヨーム。
当店のHPは以下をクリックhttp://www.p-noir.com/

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
今月の1枚

  ブラームス
フルトヴェングラーの名演(LP)
1948年10月24日 ライブ録音
私の心の師ブラームス作曲
交響曲第4番 ホ短調
一聴きあれ!!
詳細は【クリック】
贈答用ワイン承ります。
ワインの種類は縦横無尽。
ですから、たくさんのワインから選べる楽しさがある。 知識、経験豊かな(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエが責任を持っておすすめワインをセレクト。
ソムリエ協会
【歴史】
創業明治37年
酒造業から酒類問屋を経て新たにワイン専門店としてがんばっております。
【クリック】
ブログ富士勢い
【会社情報】
ワイン専門店ピノ ノワール
(株)杉井隆治商店
創業明治37年
会社設立43年
平日:11:00~20:00
祝日:11:00~19:30
定休日:水曜
   :第二火曜日
【便利】
各種カード対応。
ポイントを貯める。
高額ワインは数回に分けての支払いもできます。
カード
【地図】クリック!!
藤枝市城南2-8-8
地図
【必須アイテム】The Durand
古酒に便利。
一家にお一つ!!
あける
【お知らせ】
★ 好評発売中
この季節はシャンパーニュ!!
贈答用としても最適。
コラン
洗練されたブランド ブラン
¥8,980(税込)
2017年1月28日
【営業日】
2018年8月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
は定休日です。
水曜日は定休日
第四週の火曜日は定休日
検索フォーム
QRコード
QR